Photo: Blizzard Entertainment

ブリザード・エンターテイメントは中国で展開中のゲームサービスの大半を一時停止すると発表している。

現地時間11月17日、アクティヴィジョン・ブリザード社は同社の公式サイトでプレスリリースを公開しており、中国におけるサービスの一時停止はゲームのオンラインサービスを提供している中国のネットイース(網易)とのライセンス契約が2023年1月23日に終了するためと説明している。

契約の終了に伴い、中国では『ワールド・オブ・ウォークラフト』、『ハースストーン』、『ウォークラフト3:リフォージド』、『オーバーウォッチ』、『スタークラフト』シリーズ、『ディアブロⅢ』、『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』など、同社の人気ラインナップのオンラインサービスが終了することになる。

一方で、『ディアブロ イモータル』はブリザード・エンターテイメントとネットイース両社間で別途締結された契約に基づき、サービスが継続されるという。

ブリザード・エンターテイメントは2008年からネットイースとライセンス契約を締結しており、この契約内容には上記のタイトルの中国でのパブリッシングが含まれている。

アクティヴィジョン・ブリザード社は声明で次のように述べている。「ブリザードの経営理念や、プレイヤーおよび従業員に対する責任を果たす内容での契約更新が合意に至らず、両社の契約は2023年1月をもって終了することになりました」

「今後上記タイトルに関するサービスを停止するため、中国のプレイヤーの皆さんには近日中に詳細をお知らせします。ただし、『ワールド・オブ・ウォークラフト:ドラゴンフライト』、『ハースストーン』の拡張版『リッチキングの凱旋』、『オーバーウォッチ2』のシーズン2については2022年内にリリースが予定されています」

また、ブリザード・エンターテイメントのCEOであるマイク・イバラは「ネットイースやその他のパートナー企業を通じて、20年近く当社のゲームを中国に提供してきた中で、中国のコミュニティの皆さんが示してくださった情熱に大変感謝しています」と述べている。

「皆さんの熱意と創造性は私たちを奮い立たせてくれており、今後私たちのゲームを再び中国で販売できるように代替手段を検討しています」

その他のニュースとして、『オーバーウォッチ2』のヒーローであるメイが不具合の修正後にプレイアブル・キャラクターとして復帰することが明らかとなっている。

先月、メイのアビリティ「アイスウォール」の不具合により、メイはゲーム内から一時的に削除されていた。プレイヤーが「アイスウォール」を使用すると、キリコなどのキャラクターをマップ外にテレポートさせることができるようになり、そこでキリコが別のヒーローに入れ替わってプレイヤーを攻撃することが可能となっていた。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ