Photo: David Esser / Alamy

アメリカの保安官がポケモンカードの箱のバーコードをすり替えて実際より安い金額で不正に購入したとして退職処分を受けている。

『カンザス・シティ・スター』紙は保安官のウィリアム・C・ナイトが違法な手段を用いて商品を購入した容疑で起訴されたと報じている。

ウィリアム・C・ナイトは2019年3月から2022年5月までカンザス州ジョンソン郡保安官事務所に勤務しており、保安官の制服を着たまま今回の犯行に及んだという。

彼がセルフレジでポケモンカードを数セット購入していたところ、店舗の警備員が不審に思い声をかけたという。

声をかけられたウィリアム・C・ナイトは「呼び出しがかかった」といってその場を離れたが、後に身元が判明して、家にあった安い商品のバーコードをポケモンカードに貼って不当な値段で購入したと供述している。

裁判記録によると、ウィリアム・C・ナイトは約394ポンド(約5万5,000円)相当のポケモンカードを不正な値段で購入している。刑事事件にはならなかったものの、カンザス州保安官訓練基準委員会はウィリアム・C・ナイトが「誠実な人格を欠く」として、今年10月に保安官免許を停止して退職処分にしている。

ウィリアム・C・ナイトの弁護士は声明で「残念ではありますが、彼は強いストレスと不安が原因で正常な判断力を欠き、今回の逮捕と起訴に至りました」と述べている。「ウィリアム・C・ナイトはジョンソン郡保安官事務所を退職しております。すでに新しい職を見つけて家族を養っており、カンザス州検察官の更生プログラムを通じて被害者、地域社会、家族への罪を償っています」

関連ニュースとして、今年3月にはジョージア州在住の男性が、新型コロナウイルスの被害を受けた企業を対象にした助成金23万5,000ドル(約3,299万円)を不正に受給して全額をポケモンカードに費やして逮捕されている。

ポケモン関連ニュースとして、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に新登場するポケモンが続々と公開されている。

11月6日にポケモン公式YouTubeチャンネルで公開された動画では、『ポケモンGO』で初登場するも捕獲はできなかった「コレクレー」が紹介されており、宝箱に隠れた状態の「はこフォルム」と箱から出た状態の「とほフォルム」2種類のフォームが確認できる。

さらに、10月25日に公開された動画では「おばけいぬポケモン」の「ボチ」が紹介されており、今年8月にライヴ配信された「ポケモンプレゼンツ」でも、新しい伝説のポケモン2匹が紹介されていた。

他にも、今年9月に公開された最新トレイラー動画では、オープンワールドで繰り広げられる「3つの物語」の内容が紹介されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ