Photo: Activision Blizzard

インフィニティ・ウォード社は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』に前作で人気を集めたマップ「シュートハウス」と「シップメント」のリニューアル版が登場すると発表している。

公式サイトのブログ記事(英語版)では「2019年発売の『モダン・ウォーフェア』で人気だった2つのマップ『シュートハウス』と『シップメント』がリニューアルされて、シーズン01で登場します」と発表されている。「2つとも迷彩グラインダーの聖地であり、白熱した戦闘が楽しめるマップとして知られています」

1つ目のマップ「シュートハウス」は2019年に発売された『モダン・ウォーフェア』で初登場しており、このマップのリニューアル版が11月17日から開幕する『モダン・ウォーフェア2』のシーズン01で追加される予定となっている。

インフィニティ・ウォード社は次のように説明している。「カルテルが雇った殺し屋にメキシコ軍特殊部隊の隊員と同等の訓練を施すため、ラス・アルマス南部のジャングルのシュートハウスに実弾射撃場が新設されました。このお馴染みの殺伐とした小さめのマップは3ルート構造になっており、あらゆるプレイスタイルでお楽しみいただけます」

2つ目の「シップメント」はミッドシーズン・アップデートで追加される予定となっている。「大西洋で嵐に見舞われた貨物船を舞台に激戦が繰り広げられる超小型マップ『シップメント』がリニューアルして登場します」と同社は説明している。「マップの外に出ると……以前のバージョンでは可能でしたっけ? そこは海の上かもしれません」

また、インフィニティ・ウォード社はシーズン01で4種類の新武器と6人の新オペレーターを追加すると告知している。

現地時間11月7日、アクティヴィジョン・ブリザード社は『コール オブ デューティ』シリーズの「完全プレミアム版」を2023年にリリースすると発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ