Photo: miHoYo

11月2日に実施された『原神』のVer.3.2アップデートでPCのアンチエイリアス機能(文字や画像の境界をぼかして斜めの線や曲線を滑らかに見せる処理)が変更されており、一部のプレイヤーが「ダウングレード」と表現するなど不満の声があがっている。これを受けて開発元のホヨヴァースはアンチエイリアス機能の一部を従来の設定に戻すと発表している。

Ver.3.2アップデートではすべてのプラットフォームでアンチエイリアス機能が最適化されたが、PC端末ではアンチエイリアス機能のオプションが変更されている。パッチノートに記載されているように、アンチエイリアス機能の最適化の実施後に「OFF」または「FSR 2」のいずれかを選択できるようになっている。「FSR2」とはアドバンスト・マイクロ・デバイセズ社のFSR(フィデリティFX・スーパー・レゾリューション)の最新技術を指している。

「FSR 2」の導入により、「FSR 2」を使用するかアンチエイリアス機能を一切使用しないかの選択を迫られることになり、プレイヤーたちからはこれまで選択可能だった「TAA」と「SMAA」のオプションが削除されたことがパフォーマンスに悪影響を与えていると不満の声があがっている。

レディット・ユーザーの「Yaver7」は「キャラクターの髪の毛の周りはギザギザになりすぎて、ドット絵のようだ」と報告している。「目障りで嫌いだ。なぜ他のオプションを削除したのか理解できない。画質至上主義者として、開発元がしたことは絶対に許せない」

「FSR 2」は使用するプロセッサやプレイの際の解像度によっては、一部のプレイヤーにメリットをもたらしたが、「FSR2」の追加より従来のオプション「TAA」や「SMAA」が削除されたことがプレイヤーたちから反感を買っているとみられる。

批判の声に対して、ホヨヴァースは今後のアップデートで「SMAA」の復活を明言したが、「TAA」の復活やFSRのシャープネス調整スライダーの導入の可能性については触れていない。アンチエイリアス機能のオプションは今後、「OFF」、「FSR 2」、「TAA」の3つにアップデートされる予定となっている。

その他のニュースとして、アクションゲーム『サイフォン・フィルター3』はプレイステーション4およびプレイステーション5でのリリースに向けて韓国でレーティングが実施されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ