Photo: Sony Santa Monica

海外では『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』発売日の10日前に一部の小売店が販売を開始したと報じられており、同タイトルのナラティヴ・ディレクターはSNS等の利用を控えてネタバレ情報を避けるようプレイヤーたちに呼びかけている。

『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』のナラティヴ・ディレクターであるマット・ソフォスは10月30日付のツイートで、「(ネタバレを回避する)ハッシュタグのミュート設定や情報のブロックなどに自信がないならレディット、YouTubeなどのSNSの利用は控えてください」とプレイヤーたちに呼びかけている。「ネタバレでゲームを台無しにされてしまった方には、とても残念です。私たちは驚きのある作品となるように努めてきました」

「最近ではレヴュアーではなく、発売日前に販売を開始している小売店がネタばらしをしているようなのです」

その後、SIEサンタモニカ・スタジオは次のような声明を発表している。「発売日が近づくにつれて、新鮮な気持ちでゲームを楽しみたい『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』のプレイヤーの皆さんをネタバレから守ることが私たちにとってますます重要になります。ゲームプレイのクリップ映像やストーリーのネタバレを見たくないと考える多くのファンの皆さんに配慮して、そういった情報を拡散しないようお願いします」

声明は「私たちは、無許可の映像やスクリーンショットの公開を防ぐために最善を尽くしていますが、現実にはすべてを把握することはできません」と続けている。「ネタバレを見たくない場合は、発売日までゲームに関連するキーワードやハッシュタグのミュート設定をお勧めします」

同スタジオのクリエイティヴ・ディレクターであるコーリー・バルログもツイッターで不満を吐露しており、「発売日の約2週間前に販売してしまう小売店にはただただ残念に思います。ネタバレを回避しないとゲームを楽しめないなんて、本当に残念かつ、ファンの皆さんに申し訳ないです」と述べている。「まったく馬鹿げています。このようなことは、私たちサンタモニカ・スタジオが望んでいる状況ではありません」

また、彼は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2』のディスクにはゲームのごく一部しか収録されていない件にも言及している。「今ならディスクにインストーラーだけを入れておくメリットがよくわかります」

『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』はプレイステーション4およびプレイステーション5で11月9日にリリースが予定されている。

その他のニュースとして、インフィニティ・ウォード社は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』で、不具合の調査中はアタッチメント・チューニング(武器などのアタッチメントを強化・弱体化する機能)を無効にすると発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ