Photo: Team Wang

韓国のアイドルグループ「GOT7」のメンバーであるジャクソン・ワンが現地時間11月5日に開催される世界大会「リーグ・オブ・レジェンド ワールド・チャンピオンシップ2022」のオープニング・セレモニーに出演予定だと発表されている。

10月27日、ラッパーのリル・ナズ・Xはライアットゲームズの社長に扮して「社内通達」という形で『リーグ・オブ・レジェンド』の公式ツイッター・アカウントで文書を公開しており、ジャクソン・ワンも共にオープニング・セレモニーでパフォーマンスを披露する予定だと告知している。

文書には次のように記載されている。「『ワールド・オープニング・セレモニー』をもっとアツくする必要があることに気が付き、助言してくれる専門家を招くことにしました。皆さん、“リーグ・オブ・レジェンド・ファミリー”にジャクソン・ワンを温かく迎え入れてあげてください。彼のマジック(この言葉の意味、気づいてくれる?)と私の天才的な頭脳をもってすれば、今年のパフォーマンスは忘れられない公演となるでしょう」

ジャクソン・ワンの出演に加えて、ライアットゲームズは世界大会のオープニング・セレモニーを飾る4人のアーティストが決定したと発表している。リル・ナズ・Xとジャクソン・ワンのほかに、歌手のエッダ・ヘイズとルイス・ライプフリートがオープニング・セレモニーへの出演を予定している。

「ワールド・チャンピオンシップ2022」のオープニング・セレモニーとその後のeスポーツ大会の決勝戦は現地時間11月5日午後5時から開催が予定されており、大会の公式サイト(lolesports.com)を通じてサンフランシスコからライヴ配信される。このライヴ配信は、ライアットゲームズの公式YouTubeチャンネルまたはツイッチ・チャンネルからも視聴できる。

ジャクソン・ワンは今年9月に最新スタジオ・アルバム『マジック・マン』をリリースしている。本アルバムにはミュージック・ビデオと共に先行リリースされたシングル楽曲“Blow”、“Cruel”に加え、“Blue”を含む全10曲が収録されている。また、今年3月には過去の未発表楽曲を8曲収録したミックステープ『ロスト・アンド・ファウンド』をリリースしており、『マジック・マン』はこれに続く、ソロとしての2枚目のフルアルバムとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ