Photo: Nintendo

任天堂は『マリオパーティ』と『マリオパーティ2』が来月から「Nintendo Switch Online+追加パック」に登場すると発表している。

同社は10月21日付のツイートで、11月2日より「Nintendo Switch Online+追加パック」の加入者が利用できるサービス「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」に『マリオパーティ』と『マリオパーティ2』が追加されると発表している。

1998年にNINTENDO64で発売された『マリオパーティ』は、『マリオパーティ』シリーズの原点となる作品となっている。同作は最大4人で遊べるパーティゲームで、9つのボードマップと56のミニゲームをマルチプレイまたはソロモードで楽しめる。

1年後の1999年に発売された『マリオパーティ2』では新たなコスチュームやボードマップ、ミニゲームが追加されており、ボードマップには「クッパランド」も含まれている。

『マリオパーティ』と『マリオパーティ2』は、すでに「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」で配信されている『スーパーマリオ64』、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』、『スターフォックス64』、『バンジョーとカズーイの大冒険』などの、懐かしの任天堂ハードのゲーム集に仲間入りすることになる。

『マリオパーティ』と『マリオパーティ2』をプレイしたい場合は、有料サービス「Nintendo Switch Online+追加パック」に加入する必要がある。同サービスではファミコンやスーパーファミコン、NINTENDO64、セガメガドライブのゲームやNintendo Switchタイトルの様々な拡張パックをプレイしたり、オンラインプレイが楽しめる。

今年5月に、任天堂の代表取締役社長である古川俊太郎は「Nintendo Switch Online」のサービスを拡充する考えを示しており、「『Nintendo Switch Online』の会員数は、昨年開⽰しました2021年9⽉時点での3200万から情報の更新はありませんが、Nintendo Switch本体の販売台数の増加に合わせて順調に増えています」と述べている。

その他のニュースとして、11月9日にリリース予定のシリーズ最新作『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』では、解像度優先やパフォーマンス優先など120FPS含む複数のグラフィック設定が用意されていることが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ