Photo: Respawn Entertainment

エーペックスレジェンズ』の最新トレイラー動画「アウトランズ・ストーリーズ:ラスト・ホープ」が公開されて、トランスジェンダーの新レジェンド「カタリスト」が登場することが判明している。

『エーペックスレジェンズ』ではシーズン14の閉幕が11月2日に迫るなか、シーズン15で追加される内容が公式サイトで予告されている。また、ゲーム内でゴールデンチケットをクラフトすると、新マップ「新たな故郷」のティーザーを10月20日から確認できるようになる。リスポーン・エンターテインメントはティーザーの詳細は公開していないが、『エーペックスレジェンズ』の公式ツイッターで「アウトランズ・ストーリーズ」シリーズの最新動画を公開している。

最新動画では、惑星ボレアス出身で、ディフェンス系の新レジェンド「カタリスト」と衛星クレオが紹介されている。カタリストは本名をトレッサと言い、トランスジェンダーであると紹介されている。回想シーンでカタリストは「世界が開かれた感じがして晴れやかな気分」と語り、カタリストの友人マルゴが「あなたは自分が思うより強い。いろいろあったでしょ」と言うと、カタリストは「性同一性のこと? 確かに……大変だった」と返している。

マルゴは「でも今はどう? きっと素晴らしい人生になるはず」と言い、2人は惑星クレオを救済する作戦を話し合って行動に出る。2人はクレオを「引き裂く」装置を停止させるために施設に侵入し、カタリストはそこで初めて「磁性流体」を目にする。なお、カタリストはエーペックスゲームの戦場に「磁性流体」を操る能力を備えて登場するものと見られる。

マルゴは施設に爆弾を仕掛けるが、カタリストはマルゴに止めるよう説得する。その直後に2人は見張りに見つかってしまい、マルゴは捕らえられてしまう。マルゴが捕らえられながらも爆弾を爆発させた後、クリスタル(水晶)を通じた回想シーンは終わっている。カタリストは「本当の故郷」を守るためにボレアスに来たと説明しており、新マップの場面設定が示唆されている。

最新ストーリー・トレイラー動画で紹介された「カタリスト」は『エーペックスレジェンズ』の世界に登場する初のトランスジェンダーの女性となる。

その他のニュースとして、米オブシディアン・エンターテインメントの創設者であるファーガス・アーカートは機会があれば『フォールアウト』をまた制作したいと語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ