Photo: Press

エレクトロニック・アーツは『FIFA 23』の発売初週のプレイヤー数がシリーズ史上最多を記録したと発表している。

9月30日にリリースされた『FIFA 23』は『FIFA』シリーズ最後の作品であり、エレクトロニック・アーツと国際サッカー連盟の提携解消に伴って、2023年度版から『EAスポーツFC』に名称が変わることが決定している。

エレクトロニック・アーツは『FIFA 23』が発売から1週間で1030万人を超えるプレイヤーを獲得し、発売初週のプレイヤー数が『FIFA』シリーズ史上最多となったと発表している。

『EAスポーツFC』のシニア・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーであるニック・ウォディカは「ファンの皆様からの反応は非常に大きく、記録的な人数のコミュニティの皆様がお気に入りの選手やチームで『FIFA 23』を楽しんでくださっていることに感激しています」と述べている。

「男子および女子のワールドカップや、ファン待望の女子クラブサッカー・コンテンツのアップデートを配信する予定です。プレイヤーの皆様にこれまでで最もリアルで没入感のある体験を提供していきたいと考えています」

『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』によると、イギリスのパッケージ版ゲーム・セールス・ランキング(10月1日まで)で首位を獲得した『FIFA 23』の販売本数は、2021年にリリースされた『FIFA 22』と比較して1.6パーセント増えており、シリーズの小売販売の減少が2年間続いていたが再び増加している。

『NME』は『FIFA 23』のレヴュー記事で5つ星中4つ星を付けて、次のように評価している。「いくつかの点を除いて、『FIFA』の過去のタイトルから改善されているようには感じませんでした。ただ、「FIFAアルティメット・チーム(FUT)」モードは過去最高の仕上がりとなっており、現行機でプレイすると、コントローラーの触覚フィードバック機能により、実際にピッチ上に立っているかのような没入感があります。その点では新しく進化した作品といえるでしょう」

また、同ランキングにおける『FIFA 23』の内訳をプラットフォーム別に見ると、プレイステーション5版が41パーセントを占めて圧倒的に多い。続いてプレイステーション4版が30パーセント、Xbox One版が17パーセント、XboxシリーズX/SとNintendo Switchはともに6パーセントとなっている。

その他のニュースとして、エレクトロニック・アーツが『FIFA 23』の「FUTヒーロー・パック」を誤って低い金額(ゲーム内コイン)で販売し、25分後にこのヒーロー・パックを削除していたことが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ