Photo: CAPCOM

11月8日に発売予定のシリーズ最新作『ソニックフロンティア』では『モンスターハンター』シリーズとのコラボレーションが決定し、リリースの翌週に無料ダウンロード・コンテンツの配信が予定されている。

今回のコラボレーションでは、『ソニックフロンティア』の無料ダウンロード・コンテンツに『モンスターハンター』シリーズとのコラボパックが登場する。コラボパックには『モンスターハンター』でおなじみの料理をベースにした「肉焼き」ミニゲームも収録される。

コラボパックの実装は11月15日に予定されており、ソニックに「レウス」と「レウスネコ」の2つの新たな装備が追加される。『ソニックフロンティア』本編はPC、XboxシリーズX/S、Xbox One、プレイステーション 5、プレイステーション 4、Nintendo Switch向けに11月8日にリリースされる予定となっている。

新たな装備と「肉焼き」ミニゲームのスクリーンショットは以下のツイートで確認できる。

今回のコラボレーション以前には、『モンスターハンターライズ』で『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』とのクロスオーバー・イベントが実施されており、ハンターにソニックをモチーフにした重ね着装備や、「オトモアイル」と「オトモガルク」にソニックとテイルスをテーマにデザインされた装備が用意されていた。

さらに、『ソニックフロンティア』と『モンスターハンター』はそれぞれのツイッター・アカウントで、ソニックの最新装備を紹介するクロスオーバー・アートを公開している。

ソニックの3Dアドベンチャー・シリーズはゲーム評論家たちから注目を浴びることが少なかったが、新システムの「オープンゾーン」を採用した『ソニックフロンティア』には大きな期待が寄せられている。

『ソニックフロンティア』は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と比較されることが多いが、記者のジョン・ペルツは『NME』のプレヴュー記事で『ソニックフロンティア』の今後について非常に慎重な見方を示している。ジョン・ペルツは実際にプレイした大部分に批判的で、オープンワールドは平凡に見えるので「もっと作り込む必要があるように感じました」と述べている。

だが、ジョン・ペルツは正式リリースに向けて楽観視している部分もあり「デモ版を終えて、もっとプレイしたい、世界観とストーリーを確かめたい、と思いました。作品にはコンセプトと熱意が感じられます」と述べている。「時間をかけて磨いていけばシリーズで必須のタイトルとなるのか、明らかになるでしょう」

その他のニュースとして、10月5日のリリース時からDDoS攻撃を受けていた『オーバーウォッチ 2』が再びDDoS攻撃を受け、不具合を修正するために2人のヒーローを一時的に削除せざるを得ない状況となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ