Photo: Universal Pictures YouTube

海外の著名な声優であるタラ・ストロングがマリオ役にクリス・プラットを起用したアニメ映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のキャスティングを批判している。

タラ・ストロングはこれまでに『バットマン』シリーズでお馴染みのハーレイ・クインやバットガール、米TVアニメ『Oops! フェアリー・ペアレンツ』の主人公ティミー・ターナー、『マイリトルポニー』シリーズのトワイライトスパークルなどの声を担当している。10月7日にチャールズ・マーティネーと一緒に映った写真を添えて「(マリオの声優は)チャールズさんであるべきです」とツイートしている。

チャールズ・マーティネーは過去20年にわたって数々のゲームでマリオの声を演じている。また、『スーパーマリオ』シリーズのワリオやルイージ、ワルイージ、ベビィルイージ、ベビィマリオの声も演じている。

タラ・ストロングは次のように続けている。「声優の皆さんはこう思っているはずです。私は作品の声の演技に今後、最低でも20年間は心血を注いでいきます。グッズがたくさん売れるように支援して、スタジオの多額の売上に貢献し、そして世代を問わず世界中の人々を幸せにしたいですって。ハリウッドの皆さんはこう思っているはずです。そんなこと気にしちゃいない」

さらに、タラ・ストロングは次のようにツイートしている。「ツイッター・ユーザーの皆さん、私は地上の天使のような人とたまたま面識があります。その方は今夜、愛情に溢れたツイートをしてくれるかもしれません。チャールズ・マーティネーさんに関するエピソードをお持ちですか? (一緒に)写真を撮ったことはありますか? イベントで彼に会ったことは? このスレッド内でシェアしてください。私は彼が大好きで、イベントがある度に会いに行っています」 このツイートは1400回以上リツイートされている。

このツイートを受けてチャールズ・マーティネーは次のようにリプライしている。「皆さん、ありがとうございます! 皆さんの愛情と優しさに純粋に心を打たれました。皆さんの優しさで、今日私の小さな目に涙がにじんでいます」

これまでの発表によれば、チャールズ・マーティネーは『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』にカメオ出演する予定だという。

先週、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のトレイラー動画が初公開されたが、一部のファンたちからはソーシャル・メディアでクリス・プラットの声の演技を批判する声が挙がっている。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は任天堂と米アニメーション製作会社のイルミネーションのコラボレーションとなっている。イルミネーションはこれまでにアニメ『怪盗グルーの月泥棒』シリーズや2016年公開の米アニメ映画『ペット』の製作を手がけている。

なお、今年6月の時点で、映画のプロデューサーであるクリス・メレダンドリは次のようにコメントしていた。「クリス・プラットの演技を聴けば、完全にではないかもしれませんが、(彼の演技に対する)批判の声はすぐになくなるでしょう。自分の意見を口にするのは大切なことです」

その他、映画ではルイージの声をチャーリー・デイ、ピーチ姫役をアニャ・テイラー=ジョイ、クッパ役をジャック・ブラック、ピノキオ役をキーガン=マイケル・キー、クランキーコング役をフレッド・アーミセン、ブラッキー役をセバスティアン・マニスカルコ、カメック役のケビン・マイケル・リチャードソンが演じる。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』はアメリカで2023年4月7日(日本国内では2023年4月28日)に公開が予定されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ