Photo: The Pokémon Company

株式会社ポケモンは来たる『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の14分間におよぶ紹介映像でキリンリキの進化系となる新ポケモンなど新情報を公開している。

公開された14分間の長尺映像では11月18日に発売されるファン待望のシリーズ最新作の内容が幅広く紹介されている。

実際のゲームプレイ映像とともに、最新作の舞台となる「パルデア地方」や、冒険のシステム、バトル・システムのほか、長旅で汚れてしまったポケモンたちをきれいにする魅力的な新要素「ポケモンウォッシュ」や「ピクニック」の様子が披露されている。

また、パルデア地方に生息するキリンリキの進化系ポケモン「リキキリン」の様子が初公開されている。公式サイトでは、キリンリキの2つの頭が進化により一体化したポケモンと紹介されている。「本体の頭としっぽの頭が進化により一体化し、2つの脳が太い神経で接続された結果、エスパーエネルギーが増幅されました。頭の角からエスパー波を放射します」

また、株式会社ポケモンは新要素「テラスタル」の詳細も公開している。「テラスタル」できるポケモンは、フィールド上の野生で発見した時に光り輝いており、通常とは異なるタイプのポケモンになることがある。例えば、でんきタイプのピカチュウが「テラスタル」すると、ほのおタイプのポケモンになることがあるという。

さらに、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』には「レッツゴー」という新機能が導入されている。フィールド上で野生のポケモンに対して自らバトルを仕掛けるよう、自分のポケモンに指示を出せるため、新たに仲間になったポケモンのレベルを上げたい時に役に立つ機能となっている。

また、ポケモンに新しい技を覚えさせるアイテム「わざマシン」にも変更があり、バトルの終了時に手に入る材料を使って、「わざマシン」を自分で作ることが可能になる。

Nintendo Switch専用ソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は11月18日に発売が予定されている。なお、本作の舞台「パルデア地方」のモデルはイベリア半島だと推測されている。本作では、従来のシリーズ作品のように決められたストーリーに従って冒険するのではなく、プレイヤーが「オープンワールド」の新たな世界で自由に冒険できて、これまでのシリーズ作品とゲームのスタイルが異なっている。

その他のニュースとして、任天堂は10月9日18時に『あつまれ どうぶつの森』と『スプラトゥーン3』をテーマにしたコンサートの様子をライヴ配信する。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ