Photo: NetherRealm Studios

『モータル・コンバット』シリーズの共同制作者であるエド・ブーンは同シリーズの30周年記念を優先して、シリーズ最新作は「時期を見て」発表すると明かしている。

エド・ブーンは次のようにツイートしている。「お知らせ:ファンの皆さんは、次回作の発表を楽しみにしていると思いますが、時期を見て発表します。まずは『モータル・コンバット』の30周年です。今は、シリーズ30周年を祝うことに注力しています」

「次回作の発表は、『モータル・コンバット』の30周年記念とは別になります」

今年に入ってから、2019年に発売された『モータル・コンバット11』の続編に関する噂が絶えなくなり、エド・ブーンは「EVO 2022」での続編の発表はないと明言せざるを得ない事態となっていた。当時、エド・ブーンは「『ストリートファイター』やその他の素晴らしい格闘ゲームが脚光を浴びる時です! 楽しみましょう!」とツイートしている。

このツイートは『モータル・コンバット11』で主人公のジョニー・ケイジ役を務めた俳優のアンドリュー・ボーエンがワーナー・ブラザースのスタジオに向かう様子を動画で公開した後に投稿されている。アンドリュー・ボーエンは動画で『モータル・コンバット』シリーズおよびその音楽に影響を受けて制作された映画『ブラッド・スポーツ』を引用しており、続編の可能性を示唆していたが、投稿は既に削除されている。

今年1月には、ネザーレルム・スタジオズのシニア・プロダクション・マネージャーであるジョナサン・アンデルセンも『モータル・コンバット12』の情報を誤って公開している。彼は『モータル・コンバット』シリーズのコンセプト・アート、チラシ、印刷物などが多数並ぶ自身のデスクの画像をツイートしたが、PCの画面には「MK12_Mast[er]」という文章とメール文の一部が映っていた。読み取れたメール文の一部は次の通りとなっている。「機密事項。このビデオは一切公開(……)しないでください。(……)ファンはネット上のいかなる形跡からも熱心に情報を得ようとします(……)この素材の取扱いには特に注意を払ってください」

ジョナサン・アンデルセンのツイートおよびアンドリュー・ボーエンの動画はすぐに削除されたものの、『モータル・コンバット12』の噂はすでに広まっていた。

その他のニュースとして、ゲームデザイナーの小島秀夫が謎のプロジェクトを自身のツイッター・アカウントで予告している。

小島秀夫はコジマプロダクションのロゴが付いたシルエット画像を公開しており、「TGSの『WHO』の答えは、次の『WHERE』で」という謎めいたキャプションもつけられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ