Photo: Sony Interactive Entertainment

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが開発中のPlayStation 5向けVRコントローラーのデザインや最新情報を公開している。

同社は日本時間3月18日にPlayStationの公式ブログで次のように発表している。「このたびのVRコントローラーでも(デュアルセンス・ワイヤレス・コントローラーの)同技術を応用し、VRゲームでも革新的なゲーム体験をお楽しみいただけるようになります」

PlayStation 5向けVRコントローラーはユニークな「オーブ(球体)」の形をしており、握った際に自然と手にフィットすることから、手の動きを妨げることなく自由度の高いゲームプレイが可能になっているという。

PlayStation 5用のデュアルセンス・ワイヤレス・コントローラーと共通の機能も存在しており、左右のコントローラーにはボタンを押し込んだ際の抵抗感が変化する「アダプティブ・トリガー」が搭載されている。

また、「ハプティック・フィードバック」という振動や触覚に関わる機能も搭載されており、これによりゲーム内の特定の場所を通過する時などのゲームプレイがより臨場感のある体験になるという。

コントローラーにはプレイヤーが親指、人差し指、中指を置く場所にボタンを押さなくても触れるだけで指を認識する機能が搭載されており、これによりプレイヤーはゲーム内で自然なジェスチャーによる操作ができるようになる。

新型VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングするのに、コントローラー表面のトラッキング機構を使用している。

ボタンの割り当ては、左のコントローラーに「グリップ・ボタン」や「クリエイト・ボタン」、右のコントローラーに「グリップ・ボタン」や「オプション・ボタン」となっている。「グリップ・ボタン」はゲーム内でオブジェクトを掴む、拾うなどの際に使用されるが、使用方法はそれだけにとどまらないという。

なお、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは公式ブログで「まもなく試作バージョンのコントローラーがゲーム開発会社の皆さんのお手元にわたります」と述べ、「PS5向け次世代VRのさらなる情報については、今後の発表にご期待ください」と続けている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ