Photo: miHoYo

『原神』の期間限定イベントを復刻させる可能性を開発チームが示唆していることが明らかとなっている。

現在『原神』では、登場キャラクターの一部イベントが復刻できなくなっており、復刻しても現在のストーリーに合わせて内容が変更されている。

ホヨヴァースの広報担当者は『IGN』のインタヴューで「アルベドやタルタリヤなどのストーリーイベントを逃して悲しむファンの声を受け止めて」おり、ストーリーの要点をおさらいできるようなオプションを導入してほしいという要望も認識していると述べている。

「期間限定イベントでは、テイワットの世界や各キャラクターがメインストーリーの外でどう変わっていったかがわかるようにしたいと思っています」と広報担当者は述べている。「そのため、Ver.2.8の金リンゴ群島のようにイベントが復活しても、キャラクターやストーリー、ゲームプレイなどに変更を加えています」

「ですが、ご要望に関しては検討しており、また今後、技術や生産性を向上させて、新たなアイデアを取り入れる可能性もあります」

一方、半導体メーカーのエヌヴィディア社は『原神』でアイテム(モラや大英雄の経験など)と引き換え可能なコードをプレゼントするキャンペーンを実施すると発表している。

このキャンペーンは「GeForce NOW(Powered by SoftBank)ユーザー」が対象となっており、プレゼントの応募期間は2022年9月30日から10月10日までと告知されている。

9月28日、『原神』ではVer.3.1アップデートが実施されている。開発元のホヨヴァースはVer.3.1で「イベント祈願(出現率がアップするガチャ)」に登場するキャラクターを先月の時点で公開している。イベント祈願はVer.3.1の期間中に前半と後半、2回に分かれて実施される。前半では、5つ星キャラクターのセノとウェンティ、4つ星キャラクターのキャンディスが登場する。さらに、ホヨヴァースはVer.3.2で登場すると見られる2人の新キャラクターの情報も公開している。

その他のニュースとして、複数のディベロッパーがグーグル・ステイディアのサービス終了を知らなかったとツイッターで明かしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ