Photo: Respawn Entertainment

グラミー賞受賞アーティストのT-ペインが『エーペックスレジェンズ』の開発者への嫌がらせをやめるようプレイヤーに呼びかけている。

『エーペックスレジェンズ』の開発元であるリスポーン・エンターテインメントはT-ペインという意外な人物から支持を得たようで、ツイッターで、嫌がらせをしているプレイヤーに「マジで落ち着けって」と呼びかけている。

T-ペインは「お前らさ、マジで落ち着けよ」とツイートしている。「たかがゲームだろ。そんなに『エーペックスレジェンズ』が嫌いなら、他のゲームをやればいいだろ。ゲームにのめり込みすぎて、一生懸命ゲームを作ってる人たちに嫌がらせするくらいなら、PC・ゲーム機から離れた方がいいぞ。冷静になれよ」

T-ペインは『エーペックスレジェンズ』の熱心なファンとしてツイッチで定期的に実況動画を配信しており、チャンネル登録者数は80万人を超えている。

T-ペインの発言はリスポーン・エンターテインメントがツイッターで公開した声明に反応したものとなっている。声明では、同社の開発者が一部のプレイヤーから嫌がらせを受けていることを明かしており、「(開発チームの)メンバーに対する嫌がらせが増えている」と非難して、「当社の方針に則り、開発者への脅迫や嫌がらせは一切許容しません」と強調している。

「私たちはコミュニティからの意見は歓迎しますが、建設的なフィードバックと開発チームへの嫌がらせは、はっきりと線引きしています。フィードバックには今後も耳を傾けていき、コミュニティと寄り添って、お互いを尊重し合える協力的な環境を整え、当社が提供する対戦ゲームのクオリティを維持して行きます」

リスポーン・エンターテインメントが嫌がらせへの方針を発表したことについてT-ペインの他にも、ゲーム業界から支持する声が上がっている。『デスティニー』の開発元であるバンジーは、ツイッターで「嫌がらせやハラスメントに立ち向かうために、全員が協力してより健全なコミュニティを築いていく必要があります。私たちはリスポーン・エンターテインメントを応援しています」と述べている。

その他のニュースとして、バンダイナムコエンターテインメントはゲームミュージックを配信する新サウンドレーベルを設立したと発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ