Photo: Luminous Productions

『フォースポークン』のトレイラー動画が海外のファンから不評だったことについて、クリエイティヴ・プロデューサーの光野雷生が「面白いゲームだと自信を持っている」とコメントしている。本作は、スクウェア・エニックスが現在開発中のファンタジーRPGとなっているが、一部のファンはトレイラー動画のセリフを揶揄するネタ動画を作成してネット上で拡散している。

今年8月に『フォースポークン』の英語版公式ツイッター・アカウントで主人公のフレイと意志を持つ魔法のブレスレット「カフ」の会話を中心としたトレイラー動画が公開されている。ところが、この動画は海外のファンからは不評で、公開後すぐに、フレイのセリフを元ネタにした様々なネタ動画がインターネット上で拡散される事態となっていた。なかには、このセリフを元に『ゴッド・オブ・ウォー』、『ブラッドボーン』、『トニー・ホーク プロ・スケーター』など、有名タイトルのトレイラー動画風のパロディ動画を作成したファンもいる。

光野雷生は『VG247』のインタヴューで、このトレイラー動画で使われたセリフはストーリーの「文脈」から切り離されており、ネタバレせずに作品の「面白さ」を全て伝えるのは難しかったかもしれない、と述べている。

光野雷生と開発チームは、このトレイラー動画を元ネタにしたネタ動画に目を通しており、「面白い動画もいくつかあった」と認めている。その上で、トレイラー動画はファンからは不評だったものの「面白いゲームだと自信を持っている」と語っている。

彼は、これまで『フォースポークン』のトレイラー動画を公開するたびに、ファンの反応を参考にしており、「動画への反響や、ファンが(動画の)どういった所に反応しているかをよく見て、次に何を公開するべきか考えています」と述べている。8月に公開され不評だったトレイラー動画の後に、10分間のゲームプレイ動画を公開したのは、まさにファンの反応を参考にしたからだと明かしている。

このトレイラー動画では、フレイとカフの関係について「(スクウェア・エニックスが)意図したようには伝わらなかったかもしれない」としつつも、「実際にプレイした時に面白さを分かってもらえる」と自信を持って語っている。

その他のニュースとして、マーベルはナイアンティック社と提携し、『ポケモンGO』のようなAR(拡張現実型)モバイルゲーム『マーベル・ワールド・オブ・ヒーローズ』を2023年にリリース予定だと明かしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ