Photo: CD Projekt RED

CDプロジェクト・レッドは『ウィッチャー』シリーズについて最新作『ウィッチャー4』から始まる複数の新作を準備していると発表している。

今年3月に『ウィッチャー4』の制作が発表されており、シリーズの「新たなサーガ(新章)」が幕を開けるとアナウンスされていた。

現地時間9月7日に実施された2022年前期決算報告で、CDプロジェクト・レッドの社長であるアダム・キチンスキはこの「サーガ」について次のように説明している。「新たなサーガが幕を開けるとお話していましたが、『ウィッチャー4』のプリプロダクション(開発準備)を進めています」

「『ウィッチャー4』から始まる新章は1タイトルにとどまらない構想です。(シリーズの)最初の3タイトルが1つの物語を構成していたのと似たイメージです。現在、新たな『ウィッチャー』サーガの1作目がプリプロダクションの段階にあります」

CDプロジェクト・レッドは『ウィッチャー4』のほか、『ウィッチャー3 ワイルドハント』の新世代機版も開発中で、こちらはプレイステーション5、XboxシリーズX/S、PCで年内にリリース予定となっている。なお、プレイステーション4版、Xbox One版、PC版を購入していると、海外では無償(日本国内では有償)で新世代機版にアップグレードできる。

次世代機版『ウィッチャー3 ワイルドハント』にはゲームの本編に加えて、エクスパンション・パックの「無情なる心」と「血塗られた美酒」が収録されている。また、レイトレーシングに対応し、ロード時間が短縮されている。

CDプロジェクト・レッドは先日、『サイバーパンク2077』の新たな拡張パック「仮初めの自由」を2023年にリリースすると発表している。「仮初めの自由」には、有名俳優のキアヌ・リーヴスが演じる人気キャラクター「ジョニー・シルヴァーハンド」が再び登場する。

「ジョニーをまた演じられて最高の気分です。暗い未来で活躍する彼の姿にワクワクしながら、さらなる情報を期待していてください」とキアヌ・リーヴスはコメントしている。「また会いましょう……ナイトシティで」

なお、この拡張パックは前世代機には対応せず、XboxシリーズX/S、プレイステーション5、PC、グーグル・ステイディア向けにリリースが予定されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ