Photo: CD Projekt Red

サイバーパンク2077』の新たな拡張パック「ファントム・リバティ(邦題:仮初めの自由)」が2023年にリリースされることが明らかとなっている。

拡張パック「仮初めの自由」のリリースは、開発元のCDプロジェクト・レッドによる情報番組「ナイト・シティ・ワイヤー」で発表されている。同社は先日、『サイバーパンク2077』の今後についてお伝えすると公式ツイッター・アカウントで予告していた。

「仮初めの自由」には、有名俳優のキアヌ・リーヴスが演じる人気のキャラクター「ジョニー・シルヴァーハンド」が再び登場する。トレイラー動画では主人公Vが 「新アメリカ合衆国」に忠実に仕えると誓った後に何者かに「後悔するぞ」と告げられる様子が描かれている。トレイラー動画の終了後にキアヌ・リーヴスが「ナイト・シティ・ワイヤー」に登場し、『サイバーパンク2077』への復帰を発表している。

キアヌ・リーヴスはトレイラー動画の終了後に視聴者に向けて短いメッセージを寄せている。「やあ、みんな……ジョニー・シルヴァーハンドが帰ってくるよ。そして僕もね。『サイバーパンク2077』の次期拡張パック『仮初めの自由』に備えよう。ジョニーをまた演じることができて最高の気分です。暗い未来で活躍する彼の姿にワクワクしながら、さらなる情報を期待していてください。また会いましょう……ナイトシティで」

トレイラー動画の説明には、拡張パック「仮初めの自由」は「ナイトシティの新たな地区」を舞台とした「スパイスリラー・アクション」と記載されている。「仮初めの自由」の正確なリリース日は現時点では明らかになっておらず、トレイラー動画から2023年にリリース予定ということのみ判明している。この拡張パックは前世代機には対応せず、XboxシリーズX/S、プレイステーション5、PC、グーグル・ステイディア向けにリリースが予定されている。

その他のニュースとして、キネティック・ゲームズは幽霊調査ホラー・ゲーム『ファズモフォビア』の最新ロードマップを公開している。ヴァーチャル・リアリティ版の最適化に時間がかかり次期アップデートのリリースが遅れていたものの、ついに9月末のリリースが発表され、待望の難易度変更オプションと新マップ「サニー・メドウ」が追加予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ