Photo: Nintendo

任天堂はスマートフォン向けアプリ『マリオカート ツアー』のガチャ要素である「ルビーを消費して打ち上げるドカン」を廃止すると発表している。

アイテムがランダムに排出し、目当てのアイテムを入手するまで課金する可能性のあるガチャは廃止されるが、課金アイテムの販売は継続されるので、プレイヤーは引き続きゲーム内のショップで好みのアイテムを購入できる。『マリオカート ツアー』の公式ツイッター・アカウントでガチャの廃止が発表されており、10月5日以降に配信予定の次期ツアーと同時に実施される。

他にも、9月下旬に実施予定のアップデートでは、『マリオカート』シリーズに存在する「バトル」モードが追加される。このモードはレースではなく対戦がメインとなっている。

2019年9月にリリースされた『マリオカート ツアー』は、現時点では『マリオカート』シリーズの最新作となっている。2021年には2億回以上ダウンロードされ、約2億ドル(約280億6090万円)の収益を出していると報じられている。『マリオカート ツアー』はiOSおよびAndroidでダウンロードできる。

任天堂が『マリオカート ツアー』以降にリリースしたモバイルゲームは、2021年にリリースされた『ピクミンブルーム』のみとなっており、『ポケモンGO』の開発元であるナイアンティック社が開発し、拡張現実(AR)技術を導入したタイトルとなっている。

本家となる家庭用ゲーム機版『マリオカート』シリーズでは、2014年にWii U向けに発売された『マリオカート8』が最新作となっている。同タイトルは、Nintendo Switch向けに『デラックス』というサブタイトル付きで再リリースされ、本稿執筆時点で約4682万本という驚異的な販売本数を記録しており、現在Nintendo Switchで最も売れているタイトルとなっている。

さらに、Nintendo Switch版は、8年前に発売されたタイトルの再リリースであるにもかかわらず、2022年8月から2023年末にかけて有料DLC「コース追加パス」が配信され、歴代コースなどが8つずつ追加される。8月5日から配信がスタートした「コース追加パス」の第2弾では、歴代のコース7つに加えて、新作コースが1つ追加されている。

その他のニュースとして、人気ストリーマーである「ニンジャ」がツイッチでの活動を無期限に休止すると発表している。さらに、同じくストリーマーの「ポキメイン」はツイッチから引退すると発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ