Photo: Konami

コナミは「東京ゲームショウ2022」に出展するタイトルのラインナップを発表しており、ステージで大型タイトルの新作発表をすると予告している。

コナミの公式サイトでは「東京ゲームショウ2022」特設ページが開設されており、「全世界で愛されているシリーズタイトル」の新作を東京ゲームショウで発表すると記載されている。新作発表は9月16日の午後3時30分から予定されており、コナミ新作発表ステージには声優の梶裕貴がファン代表のゲストとして登壇するという。なお、記事執筆時点ではこの新作タイトルに梶裕貴本人が出演するかどうかはわからない。

また、現時点では、新作タイトルが既存の人気IPであること以外の情報は一切公開されていない。コナミには『悪魔城ドラキュラ』、『サイレントヒル』、『メタルギア』など、代表的な大型タイトルが数多くあるため推測するのは難しい。

他にも「東京ゲームショウ2022」では『eフットボール 2023』や『スーパーボンバーマンR 2』、そしてモバイル・ゲーム『遊戯王 デュデルリンクス』や2022年に発売された『遊戯王 マスターデュエル』といったコナミのゲーム・タイトルの他、「パートナータイトル」として日本ファルコムが開発した『英雄伝説 黎の軌跡Ⅱ -クリムゾン・シン-』など、多数の作品が出展される。

『遊戯王 マスターデュエル』は、英語版『NME』のレヴューで5つ星中4つという高評価を得ている。レヴューでは「デジタル版遊戯王トレーディング・カード・ゲームの最高傑作」と評され、「デッキの構成に役立つツールが驚くほど多い」ことや数千枚のカードを入手できると称賛されている。

コナミは8月31日に、『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ:カワバンガ・コレクション』をリリースしている。本作には、1989年から1993年にかけて発売された『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』シリーズ作品13タイトルが収録されている。

その他のニュースとして、中国ネット大手のネットイース(網易)が、『ヘヴィーレイン –心の軋むとき–』や『デトロイト ビカム ヒューマン』といったストーリー性に富んだアドベンチャー・ゲームで知られるフランスの開発会社「クアンティック・ドリーム」を買収している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ