Photo: Christopher Polk/Getty Images

トム・ハンクス監修のトリビア(豆知識)ゲーム『ハンクス101 トリビア』がアップルの定額制ゲーム・サービス「アップル・アーケード」で独占配信されることが明らかとなっている。

『ハンクス101 トリビア』はトム・ハンクスの人生や経歴に関する問題が出題されるゲームではなく、「歴史や数学、地理や食にいたるまで、複数のカテゴリーにわたって知識を試す」ゲームとなる。

本作は現地時間9月2日に配信が予定されており、概要には次のように記載されている。「『ハンクス101 トリビア』の難問をクリアできますか? 問題は次から次へと出題されます! ハイスコアを更新したり、他のプレイヤーと対決したり、チームで問題に挑戦できます」

また、アップルは『ハンクス101 トリビア』について次のように説明している。「『ハンクス101 トリビア』で遊んで学び、クリアしてトリビアマスターになろう。本作は俳優であり、映画監督でもあるトム・ハンクスの協力のもと、考案・開発されました」 本作では初期バージョンから多岐にわたるカテゴリーで5万8000もの問題が用意されており、トム・ハンクスがクイズの読み上げを担当している。

『ハンクス101 トリビア』は9月に「アップル・アーケード」に登場する5タイトルのうちの1つとなる。

その他の9月の新作として、スピード感あふれるアーケード・レーシングゲーム『ホライゾン・チェイス2』は、独特なタッチで描かれたグラフィックにスリリングなオリジナル・サウンドトラックが採用されている。すべてのゲームモードでシリーズ初のオンライン・マルチプレイが搭載されており、9月9日に配信される。また、パズルゲーム『ガーデン・テイルズ:マッチ・アンド・グロウ』は9月16日に登場する。

9月23日に配信予定の『ショベル・ナイト・ディッグ』は「大ヒットした2D横スクロール型ゲームシリーズのスピンオフ作品で、スリリングな完全新規アドベンチャー・ゲーム」となっている。また、鮮やかなアートや美しいアニメーションとともにパズルや2Dアクションを楽しめるインディゲーム『グリー・プラス(GRIS+)』は9月30日に配信される。

今年6月、「アップル・アーケード」では『シェンムーIII』のクリエイターである鈴木裕が手掛けるエンドレス・ファンタジー・3Dシューターゲーム『エアー・ツイスター』が配信されている。また、5月には新たなカート・レーシング・ゲーム『ワープド・カートレイサー』が配信されており、本作にはトゥウェンティース・テレビジョンが手掛けるアニメーション作品『ファミリー・ガイ』のキャラクターが登場している。

「アップル・アーケード」では現在240タイトル以上のゲームが提供されている。

その他のニュースとしてネットフリックスはモバイルゲームに加えて「クラウドゲーミング・サービス」にも取り組んでおり、人員を募集していると8月中旬に報じられている。

一方、調査データによると、ネットフリックスの加入者のうち、テレビ番組や映画の配信とともに提供されているゲームサービスの利用者は1パーセント未満となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ