Photo: Cowcat

ヴァルヴ社は複数のスチーム・キュレーターグループ(スチームのゲームカタログからお勧めを教えてくれる団体)のアカウントを利用停止にしていることが明らかとなっている。利用停止措置が下されたアカウントは製品を有効化するための製品コードの転売を目的にキュレーター・システムを利用していた疑いがあるという。

現地時間8月28日、仏ゲーム開発会社のカウキャット・ゲームズは最新作の『ブロク・ジ・インベスティゲイター』が故意に低評価を付けられて攻撃されていると主張している。同社はキーの転売を行っているアカウントをあぶり出すため、最後までプレイできない体験版の製品コードをスチーム・キュレーターに発行しており、それがこの攻撃を受けた原因とみられている。

カウキャット・ゲームズによると、正規のスチーム・キュレーターがプロローグ版の製品コードを受け取れば製品版の製品コードを発行するよう連絡してくるが、転売業者はゲームをプレイすることなく製品コードを転売したという。この対応により、転売された製品コードの購入者からゲームが未完成であるとの苦情が転売業者に寄せられ、怒った転売業者がスチームのレヴューを荒らしたと考えられている。

カウキャット・ゲームズが数多くの低評価を確認した直後、『レディット』のユーザーは低評価を残したキュレーター全員のアカウントが2日以内に作成されているうえ、メイン管理者が同じであることを発見している。

製品コードの転売が発覚して以来、『ブロク・ジ・インベスティゲイター』を攻撃していたすべてのグループのスチーム・アカウントは利用停止処分が下されている。転売業者のアカウントは累計で20万人以上のフォロワーを有していたが、現在そのうちの1つにアクセスしようとすると「このグループはスチーム・コミュニティの規約およびガイドラインに違反したため、削除されました」というメッセージが表示される。

転売業者のアカウントが利用停止処分を受ける前、カウキャット・ゲームズは次のように述べていた。「プレイヤーを偽った人たちが、製品コードを求めてインディ・ゲーム開発会社に嫌がらせを続けることはスチームでは許されません」

「皆さん、怪しいサイトでは絶対に製品コードを購入してはいけません。インディ・ゲーム開発会社には一銭も入りません。その製品コードは盗まれたものです。他人をだまして金儲けをする人たちに、お金を渡しているだけです!」

その他のゲームとして、ユービーアイソフトは長らく延期されていた、ギターの演奏が学べるサブスクリプション・サービス『ロックスミス・プラス』を現地時間9月6日に開始すると発表している。本サービスのライブラリにはザ・クラッシュ、ユーリズミックス、アリシア・キーズなどの楽曲が5000曲以上収録されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ