Photo: Squanch Games

ゲーム開発会社のスクワンチ・ゲームズは「ゲームズコム 2022」で『ハイ・オン・ライフ』のトレイラー動画を公開し、発売後に追加ダウンロード・コンテンツの配信を計画していると明らかにしている。

1人称視点のSFシューティング・ゲーム『ハイ・オン・ライフ』は、アニメ『リック・アンド・モーティ』の共同制作者であるジャスティン・ロイランドが設立したスクワンチ・ゲームズが開発を手掛けている。本年6月の「サマー・ゲーム・フェス」で発表されて以来、12月の発売に向けて続々と情報が解禁されている。

「ゲームズコム 2022」では25分間のゲームプレイ映像が披露されたほか、開発チームが出演して『ハイ・オン・ライフ』の今後について語っている。『ザ・ゲーマー』によると、エグゼクティヴ・プロデューサーのマティ・ステュディヴァンは、本作ではすでに追加ダウンロード・コンテンツの「検討を終えた」と述べ、不具合の修正や追加コンテンツが今年12月の発売後に配信予定だと明らかにしている。

また、マティ・ステュディヴァンはスクワンチ・ゲームズが以前手掛けた『トロヴァー・セイヴズ・ユニヴァース』について、同社は「長い間タイトルをサポートした」と語り、「『ハイ・オン・ライフ』でも同じように対応したい」と述べている。

「ゲームズコム 2022」では『ハイ・オン・ライフ』のクリア時間が12時間から20時間程度となることも判明し、クリア時間が比較的短いことから、スクワンチ・ゲームズは『ハイ・オン・ライフ』で追加コンテンツを重要視しているとみられる。

本作の発売は当初、10月25日に予定されていたが、12月13日まで延期されることが今月中旬に発表されている。スクワンチ・ゲームズは延期の理由を「ゲームのクオリティに磨きをかけ、可能な限り最高のゲーム体験を『ハイ・オン・ライフ』でお届けするため」だとしている。

その他のニュースとして、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはモバイルゲーム開発スタジオのサヴェイジ・ゲーム・スタジオを買収し、新たに設立されたプレイステーション・スタジオのモバイル部門に加わることを発表している。サヴェイジ・ゲーム・スタジオは現在、「未発表のAAAライヴ・サービス・アクションゲーム」の開発に取り組んでいる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ