Photo: Retro Redrawn

数百人のピクセル・アーティストが携わって『ポケットモンスター 赤・青』に登場するカントー地方をオンライン上のインタラクティヴなマップで再現している。

この作品はクラシック・ゲームの「リメイクやデメイク(demake:あえて昔の作風でリメイクする手法)」を手掛けるレトロ・リドロウンというグループが制作している。これまでに『ゼルダの伝説』シリーズの舞台であるハイラルや『ポケットモンスター金・銀』のジョウト地方のマップを制作している。

最新作は『ポケットモンスター 赤・青』に登場するカントー地方で、数多くの秘密や驚きのあるインタラクティヴなマップとなっている。

マップ内を自動で案内する「ツアー」もあり、初代タイトルの世界を現代風にアレンジした世界を探検できるようになっている。「WebGL対応ブラウザ」であれば、グーグル・マップと同様に地図を水平方向に動かしたり拡大したりすることができるという。

レトロ・リドロウンは「目標は、元のハードウェアでは技術的制約のため使えなかった方法で、カントー地方を視覚的に表現することでした」と説明している。ただし、これは「ファンアート・プロジェクト」であり、「原作の権利者の提携や認可があるわけではありません」と述べている。

マップを拡大すると、トキワの森では複数のキャタピーとピカチュウがボディービルで競い合い、24ばんどうろではコダックがパーティーをしている。マサキの灯台では暗闇の中に不気味なカイリューの影が現れており、また困り顔のオーキド博士も登場している。

「100人以上のピクセル・アーティスト」が参加して初代『ポケットモンスター』の舞台となった地域を再現しており、複数のソーシャル・メディア上ではその再現性の高さでファンから好評を得ている。

初代『ポケットモンスター』は1996年に日本でゲームボーイ向けに発売され、1998年には欧米でも発売されたが、今でもベストセラー・タイトルの1つとなっている。

その他のニュースとして、『アーケード・パラダイス』のデザイナーが、自分のゲームにチートを入れない開発者は「臆病者」であると発言している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ