Photo: Insomniac Games

PC版『マーベル・スパイダーマン』で新たなパッチが配信され、2種類のシャープネス調整機能の追加や多数の不具合が修正されている。

シャープネス調整機能は今回のパッチによる追加項目の中でも最大の注目ポイントであり、ディスプレイ・メニューとグラフィック・メニューに導入されている。どちらのメニューでも、『マーベル・スパイダーマン』におけるヴィジュアルのシャープネス(輪郭の強調)と関連するアップスケーリング(元よりも多い画素数に変換すること)の調整が可能となっている。

このシャープネス調整機能は、ゲームのグラフィック性能全般を向上するNVIDIA DLSS(ディープ・ラーニング・スーパー・サンプリング)か、AMD FSR(フィデリティFX・スーパー・レゾルーション)2.0のどちらかが有効であればディスプレイ・メニューで変更できる。プレイヤー自身のPCに最適なシャープネスを10段階で選択できる。

グラフィック・メニューのシャープネス調整機能は、ディスプレイ・メニューのものとは異なっており、独立して動作する。グラフィック・メニューではゲーム内のシャープネスそのものを直接コントロールするため、ゲームのフォト・モードに搭載されているシャープネス設定機能と同様の機能を有している。

また、アスペクト比をマニュアルで設定する機能も追加されており、画面サイズにかかわらずアスペクト比32:9と21:9はどのモニターにも自動で適用されるため、ウルトラ・ワイド・モニターを所持していなくても、ウルトラ・ワイド・モニター用のアスペクト比が適用された画像を体感できる。

今回のパッチでは、数多くの不具合も修正されており、詳細はこちらから確認できる。

https://steamcommunity.com/games/1817070/announcements/detail/3216153907415000445

なお、インテルGPUを搭載した一部のPCで発生していた「エンパイヤー・ステート・ビル」の写真が取れない不具合や、実績が正常にアンロックされない問題については、現在も調査中としている。

その他のニュースとして、「アマゾン・プライム・ゲーミング」で9月の無料配信タイトルのラインアップが公開されており、『アサシン クリード オリジンズ』や『フットボール・マネージャー2022』を含む8タイトルが配信予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ