ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは一部の国・地域でプレイステーション5の本体価格を値上げすると発表しており、日本以外は新価格が即日適用されている。

同社の社長兼CEOであるジム・ライアンが8月25日付で公開したプレイステーション公式ブログで、米国を除く7つの国と地域でプレイステーション5の本体価格が値上げされることを公表している。なお、米国での販売価格は据え置きとなる。

ジム・ライアンは値上げの理由として「昨今の経済状況」と「世界的な物価の上昇」を挙げている。

改定後のプレイステーション5本体価格と対象の国・地域は以下の通りとなっている。
(旧価格は『ザ・ヴァージ』を参照)

・欧州:50ユーロ(約7000円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版 : 549.99ユーロ(約7万5000円)
デジタル・エディション:449.99ユーロ (約6万1000円)

・英国:30ポンド(約5000円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版:479.99ポンド(約7万8000円)
デジタル・エディション:389.99ポンド(約6万3000円)

・日本(9月15日より改定):5500円の値上げ
ディスクドライブ搭載版:6万478円(税込)
デジタル・エディション:4万9478円(税込)
※日本の価格は税込

・中国:400元(約8000円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版:4299元(約8万6000円)
デジタル・エディション:3499元(約7万円)

・オーストラリア:50豪ドル(約4700円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版:799.95豪ドル(約7万6000円)
デジタル・エディション:649.95 豪ドル(約6万2000円)

・メキシコ:1000メキシコ・ペソ(約6800円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版:1万4999メキシコ・ペソ(約10万3000円) 
デジタル・エディション:1万2499メキシコ・ペソ(約8万6000円)
 
・カナダ:20カナダドル(約2000円)の値上げ
ディスクドライブ搭載版:649.99カナダドル(約6万9000円)
デジタル・エディション:519.00カナダドル(約5万5000円)

ジム・ライアンはプレイステーション公式ブログの最後で次のように述べている。「現在の世界的な経済環境においてさまざまな産業が変化を余儀なくされる状況下、SIEとしても当社ビジネスへの影響を踏まえ、このたびの価格改定はどうしても避けることのできない決断でした。ひとりでも多くの方にプレイステーション5の体験をお届けできるよう、今後もプレイステーション5の供給状況の改善を最優先に取り組んでまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます」

プレイステーション5本体価格の値上げは即日適用となる。一方、デュアルセンス・コントローラーのような周辺機器の値上げ実施については現時点では不明となっている。

その他のニュースとして、Xbox部門責任者のフィル・スペンサーが、ゲーム業界ではプラットフォームを限定したタイトルは今後少なくなっていくだろうと予測した上で、次のように語っている。「プレイヤーの皆さんがゲームをプレイする際に、安全で守られていると感じられるよう、問題が発生しにくい環境を提供したいと思っています」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ