Photo: Michael Hickey/Getty Images

チャーリー・プースは米メディア企業のアイハートメディアと提携して、『フォートナイト』のクリエイティヴ・モードで作成された「アイハートランド」内で、自身初となるメタヴァース・ライヴ・コンサートを開催する。

このライヴはアイハートメディアが『フォートナイト』のクリエイティヴ・モード専門の開発スタジオであるアトラス・クリエイティヴと提携して作成したアイハートランドで現地時間9月9日午後7時から開催予定となっている。2部構成で、まずチャーリー・プースの最新アルバム『チャーリー』の収録楽曲が披露された後、「ファンの知識を試す」インタラクティヴなゲームが開催される。

チャーリー・プースは「アイハートラジオと提携して、(自分にとって)初のメタヴァースでのコンサートでアイハートランドを存分に楽しみたいと思います。新しい方法でファンとつながるのはとても大切なことで、みんな一緒に楽しめたら最高です」と述べている。「今回このニュースを、アイハートや僕のキャリアの中でも特別な時間をファンの皆さんと共有できるという、こんなに嬉しいことはありません。それでは現地でお会いしましょう!」

アイハートランドでは今後1年で20の主要なイベントが開催予定となっており、チャーリー・プースのコンサートはそのうちの1つとなっている。

エピック・ゲームズのメタヴァース開発担当ヴァイス・プレジデントであるマシュー・ヘニックは次のように語っている。「アイハートメディアとアトラス・クリエイティヴ・チームは、『フォートナイト』の新たな未来を見据えて、アーティストやブランドが、独自かつ誠実に大勢のファンとつながり、そのつながりを持続していく新たな方法を作り上げました」

「アイハートランドではこれからの数ヶ月間、非常に大きなコンテンツをいくつか企画しているので、プレイヤーの皆様に楽しんでいただけるのを心待ちにしています」

アイハートランドではコンサートと並行して、ゲーム内通貨を報酬として受け取れる様々なミニゲームが用意されている。この通貨を使って「アーティストと過ごせる特別な体験をアンロックして、交流会やゲームでの対戦など」ができる。詳細はこちらの『フォートナイト』のクリエイティヴ・モード公式ページから。

https://www.epicgames.com/fortnite/ja/creative/island-codes/-iheartland-6144-7573-9391?lang=ja

バスティルのメンバーであるダン・スミスは今年6月に『NME』のインタヴューで、アルバム『ギヴ・ミー・ザ・フューチャー』のデジタル体験について次のように語っている。「デジタル・ショーだけだと面白くないから、新しいことにチャレンジしてる人たちとコラボして、もっと多様性があるいい感じのイベントにしようと思ったんだ」

今年1月、ロブロックス社の副社長兼音楽部門の責任者であるジョン・ヴラソプロスは、『NME』のインタヴューで、アーティストは今後現実のライヴを開催しなくても「バーチャル技術を駆使してキャリアを築ける」ようになると述べている。

一方、「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022」のディレクターを務めるマイケル・フレンチは『NME』のインタヴューで、ゲームにはあらゆる側面で多様性が必要だと語っている。彼は「労働環境が多様化すればするほど、仮想世界でも多様化が進むでしょう」と述べている。「メタヴァースの開発をするのが白人だけなんてダメです、馬鹿げています」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ