Photo: Theo Wargo / Getty Images

ゲーム・デザイナーの小島秀夫が8月24日に開催された「ゲームズコム オープニング・ナイト・ライヴ2022」でポッドキャスト番組を始めることを発表し、来月より配信がスタートすることが明らかとなっている。

小島秀夫がパーソナリティを務めるポッドキャスト番組「ブレイン・ストラクチャー」は、英語版と日本語版の2言語にてオーディオ・ストリーミング・サービスのスポティファイの独占配信となっており、9月8日に初回エピソードが配信される。

小島秀夫は「各分野を代表するスペシャルゲストが登壇予定です」と述べており、「ゲームズコム オープニング・ナイト・ライヴ2022」の司会者ジェフ・キーリーによる「エンターテインメント業界ニュースのコーナー」もレギュラー化が決定していると明かしている。配信は毎週木曜日の午後9時頃に予定されており、記事執筆時点ではジェフ・キーリー以外のゲストについては発表されていない。

小島秀夫はステルスゲームを代表する『メタルギア』シリーズで最もよく知られており、アドベンチャーゲームの『スナッチャー』や『ポリスノーツ』、最近では『デス・ストランディング』などの作品を手掛けたことでも知られている。現在、彼はマイクロソフトと提携してクラウド技術を活用した新しいプロジェクトに取り組んでおり、「誰も経験したことも見たこともない、まったく新しいゲーム」と表現している。

また、『デス・ストランディング』の主演俳優のノーマン・リーダスは5月のインタヴューで「2作目の制作を開始したところだ」と述べて、続編の開発が進んでいると口を滑らせている。『デス・ストランディング』はプレイステーションとPCでのみリリースされていたが、先日定額制サービス「PCゲーム・パス」でも配信が開始されている。

『NME』は『デス・ストランディング ディレクターズカット』に5つ星をつけ、「完璧な傑作をプレイする最高の方法」として、「(オリジナル版の)雰囲気を維持しつつ冒険を少し過酷なものにするためにシステム上のチャフ(レーダーによる探知を妨害するもの)がいくつかカットされ、その結果オリジナル版よりもはるかにプレイしやすくなったと感じる」と評している。

その他のニュースとして、先日、ソウルライク・アクションRPG『偽りのP(LIES OF P /ライズオブP)』のトレイラー動画が公開されて、リリース時期が2023年になることと、リリースと同時にXboxゲーム・パスに対応することが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ