Photo: Sega

セガはミニ家庭用ゲーム機「メガドライブミニ2」を10月27日に日米欧市場で発売する予定で、収録予定の全60タイトル(北米向けバージョン「セガ ジェネシスミニ2」は『ベア・ナックルⅢ』、『エコー・ザ・ドルフィン』を含む60+1タイトル)を発表している。

「メガドライブミニ2」の発売は今年6月に発表されている。「メガドライブ」の名作を移植するとともに、未発売タイトルの『でびとぴー』、『スターモビール』や「メガCD」の専用タイトル、新規移植タイトの『ファンタジーゾーン』、『スペースハリアーⅡ』、『スーパーロコモーティブ』、『ふたりでぷよぷよSUN』が収録予定となっている。

収録予定の全60タイトルは以下の通りとなっている。

1・『アフターバーナーⅡ』
2・『エイリアンソルジャー』
3・『チェルノブ』
4・『ボナンザ ブラザーズ』
5・『クレイファイター』※
6・『新創世記ラグナセンティ』
7・『デザート・ストライク 湾岸作戦』※
8・『でびとぴー』
9・『アースワームジム2』※
10・『エレメンタルマスター』※
11・『ファンタジーゾーン』
12・『餓狼伝説2 新たなる闘い』
13・『ゲイングランド』
14・『ゴールデンアックスⅡ』※
15・『グラナダ』
16・『ヘルファイアー』※
17・『ヘルツォークツヴァイ』※
18・『サンダーフォースⅣ』
19・『ミッドナイトレジスタンス』
20・『アウトラン』
21・『アウトランナーズ』※
22・『ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに』
23・『ポピュラス』
24・『レインボーアイランド EXTRA』※
25・『エクスランザー』
26・『リスター・ザ・シューティングスター』※
27・『ローリングサンダー2』※
28・『シャドー・ダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ』※
29・『シャイニング・フォースⅡ 古えの封印』※
30・『シャイニング&ザ・ダクネス』
31・『ソニック 3D ブラスト』※
32・『スペースハリアー(Space Harrier)』【訳注:日本公式一覧表に記載なし】
33・『スペースハリアーⅡ』
34・『スプラッター(Splatter)』【訳注:日本公式一覧表に記載なし】
35・『スプラッターハウス PART2』
36・『スターモビール』
37・『ベア・ナックルⅢ』※
38・『スーパーハングオン』※
39・『スーパーロコモーティブ』
40・『スーパーストリートファイターⅡ ザ ニューチャレンジャーズ』
41・『ジ ウーズ』※
42・『ザ・スーパー忍』※
43・『トージャム&アール イン パニックオンファンコトロン』※
44・『TATSUJIN』
45・『ベクターマン2』※
46・『ビューポイント』
47・『バーチャレーシング』
48・『ラングリッサー』※
49・『エコー・ザ・ドルフィン』
50・『エコー・ザ・ドルフィン2』
51・『ファイナルファイトCD』
52・『夢見館の物語』
53・『ナイトストライカー』
54・『ナイトトラップ』
55・『電忍アレスタ』
56・『スーワーシャーク』※
57・『シャイニング・フォースCD』
58・『シルフィード』
59・『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』
60・『ニンジャウォーリアーズ』
61・『ふたりでぷよぷよSUN』
※Sega Genesis Mini 2 のみ収録のタイトル

2019年にセガは42タイトルを収録した初代「メガドライブミニ」を発売している。

「メガドライブミニ2」は日本で予約が受付中だが、先日セガの担当者が海外メディア『ポリゴン』に語ったところによると、世界的な半導体不足のため、欧米での販売台数は日本での10分の1程度になる見通しとなっている。

その他のニュースとして、英ゲーム開発会社のフューチャーラボはオックスフォード大学インターネット研究所の研究者たちと提携し、『パワーウォッシュ・シミュレーター』というゲームを利用してゲームとメンタルヘルスの関係を調べるという前例のない研究を行っていることが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ