Photo: Player First Games

対戦アクションゲーム『マルチヴァーサス』が北米市場での2022年7月の月間売上高ランキング(ドルベース)で、1位の座についていた『エルデンリング』を抑えて初登場で首位を獲得している。

アメリカの調査会社であるNPDグループの最新のセールスレポートによると、基本プレイ無料のクロスオーバー格闘ゲーム『マルチヴァーサス』がリリース月の7月に北米市場で最高の売上高を記録している。基本プレイ無料となっているが、有料のファウンダーズ・パックが売上を牽引している。ファウンダーズパックにはプレイヤーが選んだキャラクターをアンロックできるキャラクターチケット、ゲーム内通貨、数多くのスキンなどのアイテムが含まれている。

7月以前は、『エルデンリング』が2月のリリース以降の5か月間のうち、4回月間売上高ランキングで首位を獲得しているが、7月のランキングでは『エルデンリング』は『マルチヴァーサス』に次ぐ2位となっている。その他は『ゼノブレイド3』がランキング初登場で4位を獲得しているが、このデータにはニンテンドーeショップでの売上は含まれていない。

『マルチヴァーサス』は先月のリリース以来人気を集めており、『スチームDB』によると、本作は1日あたりの最高同時接続プレイヤー数が約4万人を維持している。また、ゲーム内のファイルから映画『マトリックス』を思わせる文字や『ロード・オブ・ザ・リング』に関連した要素が発見されるなど、今後どのようなキャラクターが追加されるのかプレイヤーの間で様々な憶測が飛び交っている。

現在『マルチヴァーサス』のシーズン1では、すでにNBA選手のレブロン・ジェームズが登場しており、8月23日には『リック・アンド・モーティ』の「モーティ」がリリースされる。さらに、最近のリーク情報によると、『マルチヴァーサス』にDCコミックスの「ブラックアダム」と『グレムリン』の「ストライプ」が追加されるとみられる。

ゲームバランスの観点から『NME』独自のティアリスト(強さランキング)では、「バッグス・バニー」やアニメ『アドベンチャー・タイム』の「フィン」、「ハーレイ・クイン」、「バットマン」が現在のメタ状況で優勢なファイターとして挙げられている。

その他のニュースとして、『ファイナル・ファンタジーXIV』のハウジング抽選販売の不具合で意図せずゲーム内通貨を受け取ってしまったプレイヤーは、自主的に通貨を返却することで報酬としてポスターを獲得できることが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ