Photo: EA Sports

エレクトロニック・アーツはマーベルとのコラボレーションを発表し、『FIFA 23』のアルティメット・チームに登場する有名サッカー選手をマーベルのスーパーヒーロー風に描いた選手カードのイラストを公開している。

『ユーロゲーマー』によると、このコラボレーションではランドン・ドノヴァン、リカルド・カルヴァーリョ、ヤヤ・トューレといった往年の名選手21名を対象にしており、スーパーヒーロー版の選手カードは実際のワールドカップの開催時期に合わせて現地時間11月11日に追加されるワールドカップ・モードで販売される。

現在、エレクトロニック・アーツは5人のサッカー選手のスーパーヒーロー版の選手カードと、スーパーヒーローとしての名前を公開している。公開されている選手は以下の通り。

・ 選手名「ランドン・ドノバン」:ヒーロー名「ザ・ブレイヴ」
・ 選手名「リカルド・カルヴァーリョ」:ヒーロー名「ジ・アンティシペイター」
・ 選手名「クラウディオ・マルキジオ」:ヒーロー名「イル・プリンチピーノ」
・ 選手名「ヤヤ・トゥーレ」:ヒーロー名「ザ・シタデル」
・ 選手名「パク・ジソン」:ヒーロー名「タイガーハート」

なお、『FIFA 23』はプレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S、PC向けに9月30日発売予定となっており、ワールドカップ・モードが追加されるまでは通常の選手カードのみ販売される。

スーパーヒーロー版の選手カードはルートボックス(ガチャ)として販売されるが、イギリス政府はルートボックスにギャンブル性があるとして、ゲーム開発元や販売会社に対しより厳しい規制を設けるように勧告しているが、現在のところ実現していない。

英政府デジタル・文化・メディア・スポーツ省の大臣であるナディーン・ドリスは次のように述べている。「我々はオンライン上で親の許可なく子供たちが、ルートボックスなどのゲーム内アイテムに多額の課金をしてしまうのを防ごうと考えています」

彼女は次のように続けている。「ゲーム・サービスを提供する会社は、プレイヤーをギャンブルの有害なリスクから守るために、より厳しい規制や年齢制限を設ける必要があります。子どもたちが自由にゲームを楽しめるように安全な環境を作ると同時に、親や保護者も安心できる環境が必要です」

その他のゲームニュースとして、『フォートナイト』では「ドラゴンボール」とのコラボが8月16日より開催しており、4種類のスキン、アドベンチャー・アイランド・モード、そしてゲーム内でアニメ「ドラゴンボール超」を視聴できる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ