Photo: Nintendo

任天堂は『スプラトゥーン3』に関する情報を公開する番組「スプラトゥーン3 ダイレクト」を日本時間8月10日22時から配信すると発表している。

ツイッターの告知内容によると、「スプラトゥーン3 ダイレクト」の世界各地での配信時間は以下の通りとなっている。

・英国時間8月10日午後2時
・中央ヨーロッパ現地時間8月10日午後3時
・アメリカ太平洋時間8月10日午前6時
・アメリカ東部時間8月10日午前9時

同番組の放送時間は約30分の予定となっており、9月9日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン3』に関する新情報と映像が紹介される。

配信番組はこちらから。

来月発売される『スプラトゥーン3』の特徴として、「哺乳類の帰還」というテーマで、2匹の猫を除いて地上から哺乳類が消えた世界を舞台にした1人プレイモードが楽しめることになっている。番組では、同プレイモードの物語的な要素や仕組みが明らかになりそうだ。

また協力プレイモードとして「サーモンラン NEXT WAVE」も用意されている。同プレイモードは前作『スプラトゥーン2』から続くもので、最大4人の仲間と協力して迫りくるシャケを倒すゲームとなっている。

任天堂は例年、この時期に任天堂の公式の情報番組「ニンテンドーダイレクト」を配信して、数々の新ゲームの情報をまとめて公開していたが、今年はタイトルごとの配信番組を充実させて、各番組内で詳しく新情報を伝えるようだ。先月の『カービィのドリームビュッフェ』も上記の形式で情報が発表されている。

『スプラトゥーン3』に続いて、今年注目の任天堂の新作ゲームとして、10月20日発売予定の『マリオ+ラビッツ ギャラクシーバトル』、10月28日発売予定の『ベヨネッタ3』、11月18日発売予定の『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』が挙げられる。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編もリストに挙がるはずだったが、発売時期が2023年春まで延期されている。

その他のニュースとして、『ドラゴンボール ファイターズ』がオンライン対戦時にロールバックネットコードに対応するアップデートも行っている。ロールバックネットコード方式はある程度予測して予め描画しておくことで、オンライン対戦時の通信待機時間を減らし、プレイヤー同士での情報入力のタイムラグを解消する技術になる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ