Photo: Getty Images

ベニー・ブランコ、BTS、スヌープ・ドッグのコラボレーション楽曲“Bad Decisions”のリリースを記念して、マイクロソフトは彼らとパートナーシップを結び、コラボレーション楽曲を「歌う」Xboxコントローラーを発表している。

本コントローラーはXbox本体に対応しているが、「ディスプレイ専用」となっており、PCには接続できない。コントローラーは真っ赤な本体に、白色でボタンやロゴがデザインされており、フロント部分には白字でコラボレーション楽曲のタイトル“Bad Decisions”とアーティスト3組の名前が記載されている。また、コントローラーの背面にはスピーカーが搭載されており、ボタンを押すと楽曲の一部が再生される。

なお、この「歌う」コントローラーは限定30個の非売品となっており、ツイッターで応募した人の中から抽選で5名にプレゼントされる。Xbox公式ツイッター(@Xbox_JP)をフォローし、ハッシュタグ「#BadDecisionsSongXboxSweepstakes」をつけて、以下の投稿をリツイートすると応募できる。締め切りは8月25日午後11時59分で、その後7日以内に当選者に通知される。

さらに、“Bad Decisions”のプロモーションとして、『フォルツァ ホライゾン5』ではアップデートが配信され、コラボレーション楽曲のアートワークをモチーフにデザインされた車両(1971年製のメイヤーズ マンクス)が追加されている。

“Bad Decisions”のミュージックビデオは現地時間8月5日に公開され、動画ではベニー・ブランコがBTSのコンサートに向けてケーキを作ったり、BTSメンバーの写真を切り貼りして巨大なハート形のボードを懸命に制作している姿が描かれている。同楽曲にはBTSからジョングク、ジミン、V、ジンの4人が参加している。

ベニー・ブランコは今年7月に“Bad Decisions”を発表した際、この豪華なコラボレーションについて「まだ信じられない」と語っていた。彼は今年5月にもBTSのファンに人気の3曲“Life Goes On”、“Fake Love”、“Blood, Sweat Tears”をリミックスしてメドレーにした音源を公開しており、それから2か月ほどしてコラボレーション楽曲を発表している。

今年に入ってから、BTSは6月にリリースされたシングル“Yet to Come (The Most Beautiful Moment)”以外にグループとしての楽曲を発表しておらず、“Bad Decisions”が2曲目となっている。BTSはソロ活動に専念すべく、グループでの活動を一時休止すると多くのメディアで報じられているが、メンバーのジェイホープは最近のインタヴューでグループ活動は「休止ではない」ことを強調している。

その他のニュースとして、BTSのV、俳優のパク・ヒョンシク、チェ・ウシク、パク・ソジュン、ラッパーのPeakboy(ピークボーイ)が出演しているトラベル・リアリティーショー『イン・ザ・スープ フレンドケーション』の初回が先月放送されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ