Photo: Capcom

カプコンは『ストリートファイター6』の「自動実況」機能で実況を務めるキャストを紹介する最新トレイラー動画を公開している。

カプコンは日本時間の8月6日に行われた世界最大規模の格闘ゲーム大会「エボリューション・チャンピオンシップ・シリーズ2022」、通称「EVO 2022」のパネルディスカッションで最新トレイラー動画を公開し、『ストリートファイター6』の自動実況機能のキャストに、実況者として新たにテイスティ・スティーブとジェームズ・チェンが参加することを明らかにしている。

テイスティ・スティーブは実況者として「トレードマークのハイテンションなリアクションとカリスマ性で試合を盛り上げます」と紹介されている。一方、ジェームズ・チェンは初のカラーコメンテーターとしてアクションを分析し、解説するという。

トレイラー動画はこちらから。

両実況者は、6月に実況者として発表されているビシャスとアールに加わることになる。またこのトレイラー動画では『ストリートファイター6』のキャラクターであるガイル、ルーク、春麗、ジェイミーの技セットや戦闘に勝利した際のアニメーションなどの未公開映像に加え、新しいステージや新しい楽曲の一部なども明らかになっている。

また、自動実況機能を利用した場合、スポーツの試合やeスポーツの大会で解説者が競技を分析するのと同様にゲームプレイが解説される様子が紹介されている。

『ストリートファイター6』は今年2月に正式発表され、XboxシリーズX/S、プレイステーション4、プレイステーション5、PC向けに2023年に発売される予定となっている。6月に配信されたプレイステーションの最新情報番組「ステート・オブ・プレイ」では、『ストリートファイター6』に新たにオープンワールド・モード「ワールドツアー」が搭載されることが明かされていた。プレイステーション・ブログの記事では「ひとり用の没入型ストーリーモードであり、格闘ゲームのジャンルを超えた遊びを提供します。自分自身のオリジナルアバターでストリートファイターの世界に新たな伝説を残しましょう!」と説明されている。

『NME』のプレヴュー記事で記者のジョン・ペルツは「カプコンが他のストリートファイターの主力タイトルと同様にこのゲームの開発に力を入れるなら、見ても遊んでも楽しい作品になりそうだ」と評している。

その他のニュースとして、343インダストリーズは『ヘイロー・インフィニット』8月のアップデートでプレイヤーのカスタマイズ・オプションの拡充を予定しており、その詳細を公開している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ