Photo: John Keeble/Getty Images

ポケモンの世界大会「ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス2022」の競技部門に『ポケモンGO』部門と『ポケモンユナイト』部門が追加されることが情報番組「ポケモンプレゼンツ 2022.8.3」で正式に発表されている。

ポケモンの世界大会がロンドンで開催されるのは初めてで、開催期間は現地時間8月18日から21日までとなっている。

出場権を獲得している選手は公式ポケモンカードゲーム部門、『ポケットモンスター ソード・シールド』部門、『ポッ拳 トーナメント DX』部門で世界チャンピオンの座を競うほか、本大会から登場する『ポケモンGO』部門と『ポケモンユナイト』部門の試合にも出場できる。

ポケモン・ワールド・チャンピオンシップスの3年ぶりの開催を記念して、ロンドンを訪れるすべてのポケモン・ファンが大会を楽しめるよう、各部門の全試合は会期中に数日間にわたって実施される。また、「ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス2022」の全試合はツイッチでライヴ配信される予定となっている。

『ポケモンGO』部門の優勝者には賞金として1万ドル(約134万円)、『ポケモンユナイト』部門の優勝チームには1万ドル(約134万円)が用意されている。

「ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス2022」の出場・観戦方法についてはこちらから(英語のみ)。

https://www.pokemon.com/uk/play-pokemon/worlds/2022/about/

また、「ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス2022」の開催に合わせて、8月17日から21日まで、会場のロンドンのエクセル展覧会センターには特設ストアが設置される。限定グッズ、記念写真の撮影スペース、テーマ別に分かれた複数のエリア、時間帯別に事前に予約可能なシステム、ソーシャル・ディスタンスを保った状態で自分の順番を待つことができるヴァーチャル行列システムなどが用意されている。

2020年度と2021年度のポケモン・ワールド・チャンピオンシップスは、いずれも新型コロナウィルスの影響で中止となっている。

ポケモン・ワールド・チャンピオンシップスは2004年に初めて開催され、当初はポケモンカードゲームの大会がイベントの中心となっていたが、その後『ポケットモンスター』シリーズの各ビデオ・ゲームや『ポッ拳 トーナメント DX』の大会も開催されている。

関連ニュースとして、株式会社ポケモンは『ポケモンユナイト』のリリース1周年を記念して、同作に新たなポケモンや新機能、イベントなどを追加しており、1周年記念のキャンペーンも実施されている。

現在『ポケモンユナイト』では、フィールド上のすべてのポケモンがピカチュウとなった状態でプレイする新たなクイックバトル「エブリバディピカピカフェス」が開催されており、ウルトラビーストのマッシブーンが新ポケモンとして追加されている。

また、「ポケモンプレゼンツ 2022.8.3」では、オープンワールドRPG『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は「3つの大きな物語を紡いでいく」作品であり、プレイヤーが背中に乗ってフィールド内を移動できる伝説のポケモンや、本作の舞台「パルデア」の姿をしたポケモンが登場するといった新情報が公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ