Photo: Valve

ヴァルヴ社は「Steam Deck」の生産スケジュールに関する最新情報を公開しており、現時点での予約者には2022年内に製品を届ける見込みだと発表している。

同社はスチームにこのお知らせを掲載し、次のように述べている。「予約している皆さんに、予想よりも早くお届けすることをお知らせいたします」

「本日(現地時間7月29日)付けで予約枠を更新しました。現在予約している皆さんには、2022年内にSteam Deckをお送りします」 また、到着予定日が「第4四半期以降」の予約枠は「第3四半期(7月から9月)」の予約枠に繰り上げられており、それ以外の予約者は「第4四半期(10月から12月)」に予約枠が確保されている。

新規予約は「第4四半期枠」に入ることになるが、予約がすべて埋まった場合は「2023年の第1四半期枠」になる可能性があるという。お知らせは「今後のニュースをお楽しみに」と締めくくられている。

ヴァルヴ社は今年6月、Steam Deckを増産して「これまでの2倍以上のSteam Deckを毎週出荷する」と発表しており、今回のお知らせはこれに続くものとなっている。

現在、Steam Deckは3種類のモデルが展開されており、64GBモデルが349ポンド(約5万7000円)、256GBモデルが459ポンド(約7万4000円)、最速ストレージやプレミアム防眩エッチングガラスが搭載されている512GBモデルは569ポンド(約9万2000円)で販売されている。なお、「部品不足と新型コロナウイルスに起因する製造工場の閉鎖」により、2022年晩春に予定されていた「Steam Deck ドッキングステーション」の発売は延期が発表されている。

『NME』はSteam Deckのレヴューに5つ星中4つ星を付けており、次のように評している。「Nintendo Switchが最もシンプルで持ち運びに適した携帯ゲーム機であることには変わりありませんが、ゲーミングPCから解き放たれるという点では、Steam Deckは文字通り(PCゲームの常識を変える)ゲームチェンジャーとなるでしょう」

その他のニュースとして、ヴァルヴ社はスチームで開発者が使用するグラフィックアセット(スチーム内で表示されるバナー画像やゲーム紹介画像)に関するガイドラインを更新している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ