Photo: EA Sports

エレクトロニック・アーツは自社のスタッフが『FIFAアルティメットチーム21』のプレイヤーに対してゲーム内のレアカードを直接販売していたという疑惑に対して「徹底的な調査」を行っていると発表している。

本作にはサッカー選手のカードを使用してチームを編成し、プレイするモードが存在している。カードはゲームをプレイするなどの方法で入手可能となっており、ゲーム内にはカードの「トレード」を行うシステムも存在している。先日、ツイッター上で「#EAGATE」のタグがトレンド入りしたことを受け、インフルエンサーのArcade-Futは疑惑の取引の様子がはっきりと写っているスクリーンショットをツイッターで公開している。スクリーンショットには、顧客がトレード不可能とされている未使用のレア・カードを注文している様子が写っており、彼らはカードを数百ユーロ(数万円)で購入している。

エレクトロニック・アーツは、この疑惑にツイッターで回答しており、「現在コミュニティ内で広まっている『FIFAアルティメットチーム21』のカードに関する疑惑について、私たちは把握しています」と述べて、次のように続けている。「徹底した調査を行っており、不適切な行為があったと特定した場合には迅速に対応を講じる予定です」

「はっきりと皆様にお伝えいたします。このような行為は許されるものではなく、私たちは今回起きたとされることを決して容認できません。私たちはこのことでゲームに不公平が生まれ、試合が対等なものではなくなるという懸念が広がっているということを理解しています。私たちは状況が明確になり次第、コミュニティに最新情報を提供します」

本作のツイッチ・ストリーマーのニックは合計数千ユーロ(数十万円)にのぼるカードの売買に関するスクリーンショットを公開しており、ショックを受けているとツイートしている。「私たちはゲームのやり込み、トレード、ゲーム内の課金制度で購入できるパックを通じてもこうしたプライム・アイコン・モーメントの選手(レアカードの選手)を入手できないのに、エレクトロニック・アーツの社員はこっそり1700ドルでプレイヤーに売っているのか!?(笑)。ゲームをやり込む人は尊敬できるけど、何てこった…」

関連のニュースとして、英国の小売業者カリーズは転売防止に向けた新たな取り組みを開始している。同社は現在ウェブサイトでPlayStation 5本体の購入を申請できる抽選システムを導入しており、申請後に抽選に当たった購入希望者は72時間以内にPlayStation 5を購入手続きを行うことができる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ