Photo: Atlus

アトラス社のラインナップのうち、リメイク版の要望が最も高いのは『ペルソナ2』と『ペルソナ3』であることがユーザーアンケートの結果で明らかとなっている。

今年5月に実施された大規模なアンケート調査の結果の一部が、放送番組「アトラス アンケート調査2022 開票特番」で発表されている。アトラス社は今後、調査の結果を踏まえていくつかのプロジェクトを進めていくと見られる。

リメイクを希望する作品のランキングでは『ペルソナ』シリーズの作品が上位を占める結果となっている。なお、同シリーズ専門の情報サイト『ペルソナ・セントラル』によれば、アンケート調査で問われた質問の48番目は次のようになっていたという。

「アトラスの作品のリメイク版(新要素が追加され、映像や操作性が改善されたもの)が発売される場合、プレイしたいと思いますか? プレイするとしたら、どのゲーム機でプレイしたいと思いますか」

この質問は複数回答可となっていた。結果は、『ペルソナ3』と『ペルソナ2』のリメイクを希望すると回答した人が全体の78.9%にのぼり、両作品が並んでトップとなっている。また、ランキングの上位には、その他の『ペルソナ』シリーズ作品や『真・女神転生』シリーズ作品も複数含まれている。

リメイクの希望が多かった上位10タイトルのランキングと、希望した回答者の割合はそれぞれ以下の通りとなっている。

1位:『ペルソナ3』(P3/P3FES/P3P)(78.9%)
1位:『ペルソナ2 罪・罰』(78.9%)
3位:『女神異聞録ペルソナ』(76.3%)
4位:『ペルソナ4』(P4/P4G)(74.8%)
5位:『葛葉ライドウ』シリーズ(72.1%)
6位:『デビルサマナーソウルハッカーズ』(69.5%)
7位:『真・女神転生IV ファイナル』(66.7%)
8位:『真・女神転生IV』(65.3%)
9位:『デジタル・デビル・サーガ アバタール・チューナー』シリーズ(62.4%)
10位:『世界樹の迷宮』シリーズ(58%)

今回の調査結果で、特定のタイトルのリメイク化が決定するわけではないが、アトラス社はこれまでに同様の調査を行って、社内での意思決定に反映させている。『ペルソナ3 ポータブル』、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はPC、Xbox One、XboxシリーズX/S、プレイステーション5、プレステーション4、Nintendo Switch向けに登場すると発表されている。『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は2022年10月21日に発売を予定している。

その他のニュースとして、リメイク版『スター・ウォーズ:ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』の開発が無期限に延期と報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ