Photo: Square Enix

ターン制シミュレーションRPG『タクティクスオウガ:リボーン』の情報が再びネット上に掲載され、発売日、スクリーンショット、ゲームの概要が一時的に公開されていたことが明らかとなっている。

スクウェア・エニックスは現時点ではまだ『タクティクスオウガ:リボーン』の開発を正式に発表していないが、米国のゲーム関連ニュースサイト『ゲーマツウ』は同タイトルが現地時間11月11日にプレイステーション4とプレイステーション5向けに発売される可能性があると報じている。

プレイステーション・ストアで販売されているゲームの価格推移を追跡できるサイト「PSディールズ」に『タクティクスオウガ:リボーン』のページが一時的に掲載され、ゲームの詳細と画像が公開されたという。なお、プレイステーション・ストアには先月も、同タイトルのページが一時的に掲載されていた。

「PSディールズ」に掲載されていた『タクティクスオウガ:リボーン』のページによれば、プレイステーション・ストアで販売されるプレイステーション4版を購入すると、プレイステーション5版も無料で手に入れることができるという。本作は、2010年にプレイステーション・ポータブル向けに発売された『タクティクスオウガ 運命の輪』の「グラフィックとサウンドが向上し、ゲームのデザインがアップデート」されたバージョンになるという。なお、『タクティクスオウガ 運命の輪』のオリジナル版は1995年にリリースされた『タクティクスオウガ』となっている。

同ページの掲載情報によれば、『タクティクスオウガ:リボーン』に搭載されるAIの性能は、『タクティクスオウガ 運命の輪』のAIより向上しているという。また、レベル管理システムはクラス単位からユニット単位に変更されており、レベルアップやユニットごとのカスタマイズがしやすくなる。本作の特徴としては、オートセーブ、早いテンポで展開される戦闘、一新されたユーザー・インターフェースや操作性、高精細の背景画面なども挙げられている。

イベントシーンは日本語と英語によるフルボイス対応となり、新たにライヴ演奏の音源が収録されるという。

さらに、ゲームを進めると「ワールドタロット」が使用可能となり、自分の勢力を維持したまま物語の時間を遡って、プレイヤーが選ばなかった選択肢で派生する物語の展開を楽しむことができるようになる。また、バトル中に「チャリオットタロット」を使用すると、バトルを一定のターン数まで巻き戻し、窮地を脱することができる。

『ゲーマツウ』の報道内容は信憑性が高いと推測されるが、スクウェア・エニックスは『タクティクスオウガ:リボーン』については発売日を含めて、正式にアナウンスしていない。

その他のニュースとして、リメイク版『ラスト・オブ・アス パート1』は今年9月にプレイステーション5向けがリリースされた「直後に」PC向けも発売されることが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ