Photo: Behaviour Interactive

『デッド バイ デイライト』はアニメ作品との初のコラボレーションとなる特別企画『進撃の巨人コレクション』を発売しており、『進撃の巨人』の登場キャラクターにちなんだ10種類のスキンがゲーム内ストアで販売されている。

ビヘイヴィア・インタラクティヴは以前から告知していた『進撃の巨人』とのコラボレーションDLCを7月20日に正式リリースしている。

このコラボレーションでは、大人気アニメ・漫画シリーズである『進撃の巨人』に登場するキャラクターにちなんだコスチュームが用意されており、生存者向けに8種類のベリーレア・スキンと、殺人鬼向けに2種類のウルトラレア・スキンが用意されている。

生存者向けのスキンは『進撃の巨人』のメイン・キャラクターの衣装がモチーフになっており、ドワイト・フェアフィールドは「エレンの兵服」、木村結衣は「ミカサの兵服」、フェリックス・リクターは「アルミンの兵服」、ジェイク・パークには「リヴァイの兵服」が用意されている。さらに、メグ・トーマスには「アニの兵服」、ザリーナ・カッシルには「ハンジの兵服」、ケイト・デンソンは「ヒストリアの兵服」、エース・ヴィスコンティには「ケニーの兵服」が用意されている。

Photo: Behaviour Interactive

殺人鬼向けのスキンとして、「鬼(山岡崋山)」には「鎧の巨人」、「スピリット」には「戦鎚の巨人」のスキンが販売されている。

『デッド バイ デイライト』のクリエイティヴ・ディレクターを務めるデイヴ・リチャードは次のように述べている。「このアニメ作品は、そのヴィジュアルと物語で多くの人々の心に残っています。このような素晴らしい作品とコラボしたスキンを発売でき、チーム一同とても嬉しいです」

「『デッド バイ デイライト』らしさを大切にしつつ、『進撃の巨人』のオリジナル・デザインも尊重しました。2Dで制作されたアニメの画像を、ゲームの3Dの世界で再現するというアプローチは、楽しくもあり、挑戦的でもありました。『進撃の巨人コレクション』は私たちの自信作となっております。ファンの皆さんが実際にこのスキンを手にするのが待ちきれません」

さらに、開発チームは『デッド バイ デイライト』の各キャラクターの衣装を決める際、『進撃の巨人』のキャラクターの心理状態や境遇について深く考察し、スキンの細かいデザインに反映させたという。

Photo: Behaviour Interactive

プロジェクト・マネージャーのローズ・リーは次のように説明している。「例えば、ケイトに着せたヒストリアのマントは、アニメ本編で彼女が孤児院を訪れたときに着ていたもので、そんな彼女の優しさを表す要素として取り入れました。ケイト用に複数のスキンを用意することも考えましたが、彼女とヒストリア・レイスの共通点をデザインに反映させたかったのです。『進撃の巨人コレクション』には、そのような細かな要素がぎっしり詰まっています」

また、7月20日から7月27日までの期間限定でセールが開催されているほか、セール期間中にログインするとゲーム内で装備可能な「訓練兵団の紋章」の魔よけが無料で手に入る。

さらに、ゲーム内ショップでスキンを一定数購入すると、追加で「調査兵団の紋章」、「憲兵団の紋章」、「駐屯兵団の紋章」、「壁の巨人」の4種類の魔よけを入手できる。

その他のニュースとして、開発中のシリーズ最新作『龍が如く8(仮称)』の映像がネット上で初公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ