Photo: Twitch

ツイッチは7月15日から一部の国と地域でストリーマーに対する報酬の支払い下限額を引き下げると発表している。

ツイッチの公式サイトに投稿されたブログによると、これまで100ドル(約1万4000円)だった支払い下限額が50ドル(約7000円)へと引き下げられるという。この変更によってストリーマーへの支払い頻度が高くなり、特に投げ銭をあまり獲得できない報酬が小規模なストリーマーにとってメリットがある変更とみられる。ツイッチは「7万を超えるストリーマーが以前より頻繁に報酬を受け取れる」と見込んでいる。

公式サイトでは「この変更は段階的に行い、パートナーやアフィリエイターはお住いの国や地域が新しい支払い下限額を導入した時点から利用できるようになります」と説明されており、7月15日から、アルゼンチン、イタリア、日本、メキシコ、スペイン、台湾で支払い下限額が50ドルへと引き下げられる。なお、対象国は11月までに順次追加される予定となっている。

ブログでは次のように述べられている。「今回の支払い下限額50ドルへの引き下げは、より迅速で簡単な支払いを実現するための重要なステップとなります。将来的には、ストリーミングを終えた時点で獲得した報酬が届いているようにしたいと考えています」

さらに、ストリーマーの住む国や地域で支払い下限額が引き下げ対象となった時点で改めて周知するとしており、「この変更作業への取り組みは世界中のストリーマーからのニーズに確実に答えられるようにするために月ごとに行う」という。

50ドルの支払い下限額はACH(アメリカの送金ネットワークの1つ)、指定口座への振込、電子小切手、各地域の銀行、ペイパル、小切手などが対象となるが、「電信送金の場合は手数料がかかるため、支払い下限額は100ドルのまま」となる。その他の質問や懸念がある場合は、ヘルプ記事を参照するよう促している。今回の変更に関するフィードバックは公式サイトの「ツイッチ・ユーザーボイス」に残すこともできる。

その他のニュースとして、コナミは『メタルギア』シリーズの35周年を記念して、オンラインストアでの販売を再開する準備を進めていると公式ツイッター・アカウントで発表している。販売の再開が予想される作品としては、昨年、必要な権利更新作業が遅れたためにオンラインストアから削除された『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』と『メタルギアソリッド3 スネークイーター』が挙げられる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ