Photo: FromSoftware / Bandai Namco

『エルデンリング』のパブリッシャーであるバンダイナムコエンターテインメントがランサムウェア(身代金要求型ウイルス)攻撃の標的になったと報じられている。

『VGC』の報道によれば、ランサムウェア犯罪集団のALPHVが「バンダイナムコエンターテインメントに身代金を要求している」ことをマルウェアのソースコードの収集・検査を行う組織vxアンダーグラウンドが明らかにしている。

今回の手口はバンダイナムコエンターテインメントが身代金を支払わなければALPHVが盗んだ個人情報を一般公開すると脅迫していると見られている。

ALPHVは別名BlackCatとして知られており、海外サイトの『セキュリティ・アフェアーズ(SecurityAffairs)』が先月公開した記事によると、ALPHVは被害者のデータを一般に公開し始めて、身代金を支払うよう圧力をかけているという。

『NME』は、バンダイナムコエンターテインメントにランサムウェア攻撃について事実関係を確認し、情報を共有するようコメントを求めている。

ランサムウェア攻撃を受けたゲーム大手はバンダイナムコエンターテインメントだけではなく、CDプロジェクト・レッドも昨年攻撃の標的となり、次のように声明を発表していた。

「正体不明のハッカーが当社の内部ネットワークに不正アクセスし、CDプロジェクト・レッド・キャピタル・グループの複数のデータを収集して、当社が公開している通り身代金を要求するメッセージを残しました」

そのメッセージには、会計、総務、法務、人事、IRの資料をすべて公開すると書かれていたが、CDプロジェクト・レッドは「要求に屈することも交渉に応じることもありません」と回答している。

また、昨年にはエレクトロニック・アーツがハッカーの身代金要求に応じなかったために、盗まれた大量の情報が公開される事態となっていた。

その他のニュースとして、『Exゾディアック』は『スターフォックス』シリーズにインスパイアされた3Dレール・シューティング・ゲームとなっており、今月末にアーリーアクセスが開始される。また、現在スチームでは、3次元コンピュータグラフィックス、ポリゴン技術の性能を補強するスーパーFXチップのビジュアルスタイルを採用した2種類のデモ版が公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ