Photo: Alamy

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはヘイヴン・エンターテインメント・スタジオの買収を完了したと発表している。

7月12日にプレイステーションの公式ツイッター・アカウント(英語版)で買収完了の報告をしており、今年3月に発表されたヘイヴン・エンターテインメント・スタジオの買収を正式に完了したことを明らかにしている。

ツイッターには「正式発表です! ヘイヴン・エンターテインメント・スタジオの買収が完了しました。プレイステーション・スタジオ・ファミリーへようこそ」と記載されている。

ヘイヴン・エンターテインメント・スタジオは1度もゲームをリリースしていないが、『アサシン クリード』シリーズや『ウォッチ・ドッグス』シリーズの制作に携わったベテラン開発者のジェイド・レイモンドが代表を務めている。また、同スタジオの研究開発はプレイステーション4とプレイステーション5のリード・システム・アーキテクトであるマーク・サーニーの目に留まり、ジェイド・レイモンドは『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』とのインタヴューで彼と同社の関係について語っている。

「当社が研究開発と非常にレベルの高いエンジニアリング・チームに膨大な投資を行っている主な理由の1つは、マーク・サーニー氏です。クラウド関連だけでなく、より先進的な研究や開発にも取り組んでいます。今はまだ多くを語れませんが、プレイステーション・スタジオと当社のチームにとってたいへん魅力的であり、ワクワクするものであるのは間違いありません。もちろん、マーク・サーニー氏は大スターですから、一緒に研究に取り組めるのは本当に胸が躍ります」

買収が正式に発表される前、ヘイヴン・エンターテインメント・スタジオは「常に進化するオンラインゲームの環境」をプレイステーション・スタジオと共同で開発していることが明らかとなっていた。

ヘイヴン・エンターテインメント・スタジオの共同設立者であるパオラ・ジュイヨは、このゲーム環境について次のように述べている。「多くのプレイヤーがオンラインゲームの環境を単なるゲームとしてだけでなく、ソーシャル・プラットフォーム(SNS)としても利用しており、この方向性を保ち、維持するには、アクセスするのが楽しくなるゲームを作り続けなくてはなりません」

その他のニュースとしてユービーアイソフトは『スプリンターセル ブラックリスト』を初めとする多数のスチーム版タイトルの販売を終了している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ