Photo: Sega

これまでに様々なプラットフォーム版が登場してきた『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』のグローバル版が、プレイステーション4向けに発売されることが明らかとなっている。

セガが開発したアクションRPG『ファンタシースターオンライン2』は2012年に日本向けPC版からサービスを開始している。4年後の2016年にはプレイステーション4版が日本限定で発売され、欧米では2021年6月9日に最新アップデートとなる『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』のグローバル版がPC(Windows)とXbox One向けにリリースされてきた。

様々なプラットフォームでのリリースから約1年後となる現地時間8月31日に、セガはプレイステーション4グローバル版をリリースする。プレイステーション4版はPC版、Xbox One版(欧米のみ)とのクロスプレイにも対応する。

ゲーム情報サイト『シリコネラ』によれば、『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』は『ファンタシースターオンライン2』と大きく異なるゲームになっているが、ゲームの開発者は『2』と『3』のように2タイトル平行でサービスを行うと現在プレイしているユーザーが分散したり、サポートが分かれてしまう可能性が考えられたため、『3』とする代わりに『ニュージェネシス』を大型アップデートとしてリリースしたと明かしている。

『ニュージェネシス』は『ファンタシースターオンライン2』の世界の1000年後が舞台となっており、キャラクターの成長システムや戦闘システムが改善されている。また、フィールドがオープンワールド形式に一新され、天候が変化するなど新システムも導入されている。

セガが『ファンタシースターオンライン2』を欧米市場でリリースするまでには紆余曲折があり、『ポリゴン』によれば、欧米では2013年に発売が予定されていたが、その後、無期限の発売延期が発表されていた。

その他のニュースとして、任天堂は6月29日に開催された第82期定時株主総会で、ウクライナ情勢の影響で事業を停止したロシア地域でのビジネスに関して、株主から質問を受けている。これに対して、代表取締役社⻑である古川俊太郎は任天堂グループ全体の売上高に占めるロシアの販売割合は小さいため、全体の業績に与える「影響は軽微」と回答している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ