Photo: Capcom

モンスターハンターライズ』のディレクターである一瀬泰範が先日の生配信で、本作は今後配信される2つ目の大型拡張ダウンロード・コンテンツで完結となることを明らかにしている。

生配信のQ&Aで彼は近日発売予定の『モンスターハンターライズ』の拡張ダウンロード・コンテンツについて回答している。第1弾のダウンロード・コンテンツには予定通り伝説のモンスターである霞龍「オオナズチ」の追加などがふくまれていると伝える一方で、第2弾のダウンロード・コンテンツで本作は完結することになると述べている。

また、一瀬泰範は第1弾のダウンロード・コンテンツでは「ハンターランク」の上限が解除されると述べている。

第2弾のダウンロード・コンテンツの具体的な配信日については言及していないが、第1弾のダウンロード・コンテンツは4月に配信されるのではないかと予想されており、本作の発売日である3月26日の1ヶ月後になる可能性が高いとみられている。

生配信では「百竜夜行」モードを含む複数の新要素についても公開している。「百竜夜行」モードはプレイヤーが味方と共にモンスターの群れから里を防衛するクエストとなっている。

プレイヤーはモンスターとの戦闘のほか、モンスターを迎撃する専用の狩猟設備を設置したり、アイテムを使用することで最後まで里を防衛することになる。この新モードはプレイヤーの人数によって難易度が変化する。

プレイヤーが敵の行動を予測するのに役立つ、敵のタイプを表す色別のアイコンも導入されている。赤色のアイコンの敵はハンターを狙って攻撃し、緑色のアイコンの敵は遠距離攻撃をしかけ、青色のアイコンの敵は防壁を攻撃する。

また、このモードでは大物モンスターや強力な「ヌシモンスター」の出現はランダムに設定されている。この2種類のモンスターの撃退は通常のモンスターよりもはるかに難易度が高いものとなっているが、これらのモンスターを倒すとクエスト終了時の報酬が増加するという。

なお、本作の開発を手掛けたカプコンは新作『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』を今年7月に発売することを発表している。

『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の特徴として最大4人までのプレイヤーとチームを組んで、フィールド上の危険なモンスターと戦うことができるマルチプレイの「共闘ダンジョン」についても紹介されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ