Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは自給自足生活が楽しめる『スタデュー バレー』のような生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』を2022年11月4日にNintendo Switchで、11月5日にスチームでリリースすると発表している。

昨日配信された「ニンテンドーダイレクト mini ソフトメーカーラインナップ 2022.6.28」で、スクウェア・エニックスは『ハーヴェステラ』のアナウンスメント・トレイラー動画を公開している。物語の舞台は「シーズライト」と呼ばれる季節をつかさどる巨大な4つの結晶体が存在する惑星となっており、動画ではこの惑星に「旅人」という名のプレイアブル・キャラクターが登場している。

『ハーヴェステラ』については「移り変わる季節の中で、独創的な世界を探索し、作物を育て、新しい友人を作り、ダイナミックな戦闘で敵と対峙し、『死季』の謎を解き明かす」と説明されている。

また、公式サイトでは「四季を彩るファンタジー世界を舞台に生活・交流・冒険が楽しめる完全新作の生活シミュレーションRPG」と紹介されている。

『ハーヴェステラ』ではプレイヤーが時間をどう過ごすかを選択して自由に行動できるようになっており、ゲーム内のダンジョンではプレイヤーが選択すればモンスターと戦うことができる。

ただし、30日ごとに季節が変わり、季節の変わり目には「死季」が訪れる。この期間は作物が枯れ、死の塵によって人々が外を歩くことも許されない。プレイヤーは「果てしない時間の流れの中で」農作業や活動を計画する必要がある。

物語の中で旅人は未来からやってきたという少女「アリア」と出会い、死季の謎を究明することになる。また、他のキャラクター「アジール」や「シュリカ」はそれぞれシーズライトでの役割がある。

『ハーヴェステラ』はクエストやキャラクターストーリー、プレイヤーの家や農場、料理の方法、様々な冒険なども魅力となっている。

また、プレイヤーは戦闘中の行動を決定するジョブを選択できる。素早い剣技を持つ物理アタッカー「ファイター」、双剣で致命傷を与える物理アタッカー「シャドウ・ウォーカー」、また遠距離魔法攻撃を得意とする「メイジ」は複数の属性を扱う。

その他のニュースとして、アクションRPG『ニーア オートマタ』のNintendo Switch版『ニーア オートマタ ジ エンド オブ ヨルハ エディション』が10月6日にリリースされることが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ