Photo: Mediatonic

マルチプラットフォーム対応バトルロイヤル・ゲーム『フォールガイズ アルティメット ノックアウト』は6月21日に基本プレイ無料化がスタートしてから僅か48時間でプレイヤー数が2000万人を突破したことが明らかとなっている。

6月26日、同作の公式ツイッター・アカウントは「基本プレイの無料化から48時間でプレイヤー数が2000万人を突破しました!」と発表し、メディアトニック社はすべてのプレイヤーに感謝を伝えている。

『フォールガイズ』は元々2020年にPCとプレイステーション向けにリリースされており、定額制サービス「プレイステーション・プラス」で最も多くダウンロードされたゲームとしてギネス世界記録に認定されている。その後、2022年6月21日にはXboxNintendo Switchに対応すると同時に、基本プレイが無料化されている。

数多くの作品とクロスオーバーしたスキンが登場するなど、これまで継続的にアップデートや新コンテンツが配信されており、現在シーズン7が開催中となっている。現地時間6月30日から7月4日まで『ヘイロー』とのクロスオーバー・イベントが実施予定となっており、グラント、ブルート チーフタテン、マスター・チーフなど、『ヘイロー』をモチーフにしたスキンが配信される。

『NME』は5つ星中4つ星を付けて次のように評価している。「『フォールガイズ』は大人数で盛り上がるバトルロイヤルを気軽に楽しめる作品です。昔懐かしい楽しくスリル満点なTVゲーム番組を彷彿とさせる作風で、とても面白い一方で、(他のプレイヤーに邪魔をされたりすると)腹も立ちますが、勝利する度に嬉しくなるゲームです」

その他のニュースとして、ライアットゲームズは現地時間7月13日より北米で『ヴァロラント』にボイスチャットの録音機能を導入し、迷惑行為をより厳しく監視すると公式サイトで発表している。「迷惑行為に対抗する取り組みの一環として、問題のある言動についての通報があった場合には、音声コミュニケーションを記録して、評価・検討できるよう、ライアットゲームズのプライバシーポリシーとサービス規約を改定しました」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ