Photo: Riot Games

ライアットゲームズは7月13日から『リーグ・オブ・レジェンド』に登場する新チャンピン「ニーラ:放たれし喜び」が、ボットレーンに特化したスキルを持つスカーミッシャー(散兵役)であることを明らかにしている。

ニーラはヤスオ、ヨネ、イレリアと似た近接タイプのスカーミッシャーだが、ボットレーンでキャリー(攻撃役)として活躍することが想定されている。

水の鞭(ウルミ)を武器とし、チーム戦では味方のそばで継続的に範囲攻撃(AOE)を繰り出すバトルスタイルとなっている。

ニーラのスキルは以下の通り。

・固有スキル:終わりなき喜び

自身の周囲にいる味方の体力回復およびシールドスキルを強化する。味方がニーラに体力回復またはシールド効果を付与すると、その味方も体力回復またはシールド効果を獲得する。また、味方チャンピオンがニーラの近くで自身に体力回復またはシールド効果を付与すると、ニーラも体力回復またはシールド効果を獲得する。

ニーラが敵ミニオンからラストヒットを取ると、自身および最も近くにいる味方チャンピオン1体が通常の共有経験値に加えて、共有したことで得られなかった経験値の半分を獲得する。

・スキルQ:形なき刃には「自動効果」と「発動効果」がある。

自動効果:
チャンピオンに対する通常攻撃とスキルのダメージが、対象の物理防御の一定割合を無視し、ニーラは与えたダメージの一定割合にあたる体力を回復する。この効果はクリティカル率に応じて増加し、余剰の回復量はシールドに変換される。

発動効果:
直線上を攻撃して、命中したすべての敵にダメージを与える。敵に命中すると、少しの間だけ自身の射程距離と攻撃速度が増加し、通常攻撃が強化される。強化通常攻撃では扇状の範囲をなぎ払い、追加ダメージを与える。

・スキルW:歓喜のヴェール

「歓喜のヴェール」に身を包み、少しの間だけ移動速度が増加し、受ける魔法ダメージが軽減され、あらゆる通常攻撃を回避する。

味方チャンピオンに触れると、その味方もヴェールの中に隠すことができる。ただし、味方が受ける効果時間はニーラよりも短くなる。

・スキルE:流撃

対象のユニットを通り過ぎるようにダッシュする。ダッシュによる移動距離は常に一定で、接触したすべての敵にダメージを与える。このスキルは2回までチャージできる。

・スキルR:アポテオシス

力の波動を放出して、自身の周囲を鞭で攻撃する。また、最後の衝撃波で敵を中心に向かって引き寄せる。

自身は「アポテオシス」によって与えたダメージの一定割合にあたる体力を回復し、余剰の回復量はシールドに変換される。この効果はクリティカル率に応じて増加し、周囲の味方にも付与される。

ライアットゲームズはメディア向けの説明会で、開発当初からニーラをボットレーン向けのスカーミッシャーに想定して、デザインしたことを明らかにしている。これまで攻撃役として活躍してきた近接攻撃型チャンピオンにはヤスオがいるが、ヤスオはトップ、またはミッドレーンで戦うことを想定してデザインされたチャンピオンとなっている。

同社はニーラが「何よりもまず」ボットレーンに使い、「他のレーンに配置しない方が良いでしょう」と続けている。

また、同社はニーラについて、「ハラスメント(対面のチャンピオンがCS/ラストヒットを取るタイミングに合わせて、ダメージを与えること)」で高ダメージを与えられるチャンピオンを使用する、また近接攻撃型チャンピオンのため、特に悪性ステータス(CC)に弱いと述べている。

ニーラは7月13日に配信されるパッチ12.13から登場し、「スターガーディアン ニーラ」のスキンも配信予定となっている。

ライアットゲームズはニーラのリリース後の7月15日に、『リーグ・オブ・レジェンド』でスターガーディアンが再登場するイベントの開催を予定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ