Photo: DIY Perks

海外YouTuberの「DIY Perks」がプレイステーション5を小型化すべく改造して、「プレイステーション5・スリム」と名付けた機器を動画で公開している。

「プレイステーション5・スリム」はプレイステーション5内部の基盤をすべて配置しなおすだけでなく、一部の部品を変更するなどして、厚さ約9センチの「プレイステーション5 デジタルエディション」をDVDケースに近い約2センチまで薄くしている。

約30分間の「DIY Perks」の動画視聴はこちらから。

動画ではいくつかのトラブルあったが、26分ほど経ったところで「DIY Perks」が「プレイステーション5・スリム」の電源を入れ、スタート画面が始まっているのが見て取れる。その後、『ホライゾン フォービドゥン ウェスト』を数時間稼働させてゲーム機本体の温度を計測し、オーバーヒートにならなかったことを確認している。

プレイステーション5を2020年に発売して以来、ソニーは新型モデルを発表しておらず、代わりに現行機の外観を新色にカスタマイズできる本体用カバーを6月17日に発売している。

現時点ではソニーがプレイステーション5の新型モデルをいつ発売するのかは明らかとなっていない。一方で、家庭用ゲーム機では新型モデルの販売はプレイステーション3やXbox360の時代からゲーム業界では主流となっているため、今後プレイステーション5の新型モデルが発売される可能性は高い。

ソニーは「プレイステーション5」のタイトルを販売するだけでなく、プレイステーション専用タイトル『ラスト・オブ・アス』と『マーベル・スパイダーマン』のPC版を発売することを「サマーゲームフェス2022」で海外向けに発表している。

他にも、「プレイステーション・プラス」のリニューアルが現地時間6月13日から実施されており、過去の名作タイトルの配信を含むサブスクリプション・サービスの内容を公式サイトから確認できる。なお、日本では6月2日からリニューアルされている。

その他のニュースとして、リアルタイム・ストラテジーゲーム『デューン:スパイス・ウォーズ』の最新アップデートでマルチプレイ・モードが追加され、2対2のチーム戦や最大4人でのフリー・フォー・オール(デスマッチ)が楽しめるようになっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ